妊活に頑張って取り組んでいる女性の悩みの1つが妊娠線です。


普段は服で隠れているため、他人に見られるという事はほとんどないのですが、お腹に線が張っているのが嫌だと言う女性も多いはず!


場合によっては、まるでスイカのような模様が妊娠・出産を終えてもお腹周りに張り巡らされたまま残ってしまうと言う事も・・・。


でも、この妊娠線はしっかりとケアをする事により、予防や出産直後に少しでも症状を抑えることが出来るようになるんです!


これから妊活を行うため、今一つ妊娠線についてよく分からない方もいらっしゃると思いますので、解説をして行きたいと思います。


スポンサーリンク


どうして妊娠線が出来てしまうの?



そもそも何故妊娠線が出来てしまうのでしょうか?


答えはとてもシンプルで、妊娠をする事でお腹の中で赤ちゃんを育てて行きますよね。


赤ちゃんがどんどん大きくなっていくにつれ、お腹の皮膚も引き伸ばされていきます。


1番上にある表皮は体が大きくなっていってもそれに対応する事が出来るのですが、その下の組織である真皮、皮下組織は肥大化による伸びについて行くことが出来ずに中に亀裂が入ってしまうんです。


亀裂が入っている部分は簡単に言えば炎症を起こしている状態ですので、紫がかった赤色の線状斑となって現れます。その亀裂が表皮を通じて透けて見えてしまうのが妊娠線と言うやつですね。

ホルモンによる影響も



根本の原因は、お腹や体が大きくなり真皮や皮下組織がそれに耐えきれなくなって亀裂が入る事ですが、ホルモンバランスの乱れも妊娠線に影響しています。


妊娠中にはつわりなどの症状が現れるように、体内のホルモンバランスが大きく乱れます。その中でもコルチステロイドと呼ばれるステロイドホルモンの分泌が増加。


このコルチステロイドには、肌に潤いをもたらしてくれる成分としても知られているコラーゲンの生成を抑制し、肌に弾力をもたらしてくれなくなってしまうんです。


妊娠をし始めると、皮膚が何だか柔らかくなったように感じることがありますが、これはこのステロイドホルモンによる働きが原因となっています。

出やすい部分はあるの?



お腹に出来る言うイメージが強い妊娠線ですが、この妊娠線が現れるのはお腹だけではありません。


妊娠期間が長くなるにつれ、乳腺も成長していく事で乳房にも妊娠線が出る事もありますし、太ももやお尻などの体の中でも比較的脂肪が多い箇所にも現れる事があります。


お腹であれば服で隠れるため、人に見られることはほとんどないのですが、二の腕や太ももに妊娠線が出る事で恥ずかしくて夏でも薄着が出来ない方も多いのだそうです。

妊娠線を予防するためには何をしたらいい?



妊娠線が出る原因は先ほど申し上げましたように、お腹が大きくなることとステロイドホルモンによるものです。


妊娠をしたら出るものだからしょうがない、と思われる妊娠線ですが対策次第ではきちんと防ぐ事も出来るんですよ。

体重が増加し過ぎないように



妊活をする事でたっぷりと栄養を摂らなければいけません。ただ、必要以上に余分な脂質や炭水化物などを摂ってしまう事で過剰に太ってしまう事もあります。


基本的には短期間で急激に体重が増加してしまう程、妊娠線は出来やすく強力な物となってしまいがちですので、太り過ぎを防止する事が大切です。


バランス良く、偏りのない食事を徹底する事で肌の質の向上を見込む事が可能です。


妊活に摂りたい栄養素などを参考にしつつ、足りない栄養素については妊活サプリで補うなど体重コントロールを行うようにしたいですね。


関連記事
妊活サプリおすすめランキング

適度な運動を継続的に



妊活に取り組む前、妊活中に適度な運動を取り入れるようにしましょう。


体が引き締まり腹筋がシェイプされている女性の場合、妊娠線になる可能性は低くなるようです。


ウォーキングやヨガなどの体に刺激が入る軽めの運動を継続的に行うと良いでしょう。


関連記事
妊活中に行いたいマタニティヨガ

クリームで潤いを与えて上げましょう!



妊娠中のお肌はホルモンバランスが変化してしまう事で乾燥してカサついてしまう事が多いです。


皮膚が乾燥してしまう事で、本来しっかりと伸びてくれる表皮の伸縮性も失われがち。


そんな時に活用して行きたいのが、潤いを与えてくれるようなクリームです。


お風呂上がりや寝る前などにクリームを使いマッサージをしてあげることで、妊娠性の予防だけでなく血流も良くなり冷えやむくみの改善にも期待が出来ます。


▼▼おすすめの妊娠線対策クリームはコチラ▼▼