s_nayamu
妊娠中に糖尿病にかかってしまい困っている妊婦さんが急増しています。


このように妊活中に起こる糖尿病の事を「妊娠糖尿病」と呼び、主に妊娠中期以降にかかりやすいとされています。


妊娠をし、お腹に赤ちゃんが宿る事で胎盤から分泌される女性ホルモンの影響で、膵臓から分泌されるインスリンと言うホルモンの分泌が妨げられてしまいます。


このインスリンには血液内のブドウ糖を体内へと取りこみ、血糖値を下げてくれる働きがあるのですが、インスリンが上手く作用しない事が原因でブドウ糖がエネルギーとして使われなくなってしまいます。


血中に溜まったブドウ糖は体に吸収される事なく尿として体外に排出されることで、なかなか血糖値を下げる事が困難になってしまうと言う訳ですね。


さて、このように妊娠糖尿病にかかってしまう事で妊婦さんと赤ちゃんにはどのような影響が出てしまうのでしょうか?


スポンサーリンク


妊娠糖尿病にかかってしまう原因は?



実は、一般的な上記の糖尿病の原因と妊娠糖尿病の原因は異なります。


妊娠糖尿病は、妊娠をする事でhPLと呼ばれるヒト胎盤性ラクトーゲンがインスリンに対抗する働きを持っているため、インスリンが効きにくくなってしまうんです。


一般的な糖尿病とは違い、膵臓から分泌されるインスリンの量はむしろ増えるのですが、それが追いつかずに糖尿病のような症状が出てしまう事を妊娠糖尿病と言います。


赤ちゃんは胎盤から酸素や栄養素、さらにはブドウ糖を吸収しているのですが、この血糖値が低くなり過ぎないように出来た仕組みであると考えられています。


そのため、妊活~出産を終える事で女性ホルモンが正常分泌されるようになるため、妊娠糖尿病は解決される事がほとんど。ただし、出産後は一般的な糖尿病にかかりやすい体質になっていますので、生活習慣には意識を向けておく必要があります。

なりやすいのはどんなタイプの人



一般的に妊娠糖尿病にかかりやすい方は、

  1. 妊娠をしてから急激に体重が増えた
  2. もともと肥満体系だった
  3. ジャンクフードなどを多く食べる
  4. 妊娠高血圧症候群を併発している
  5. 35歳以上の高齢妊娠
  6. 家族・親戚に糖尿病患者がいる



場合が挙げられます。


当てはまるようであれば妊娠糖尿病にかからないように生活習慣を見直さなければなりません。


また、上記に当てはまらない方でも、油断をしてしまう事で発症する事がありますので気を付けましょう。


関連記事
妊娠高血圧症候群を治したい!原因や症状、予防策を詳しく!
妊活中の肥満はトラブルになり危険です!防ぐために必要な事とは?
高齢出産コラム

妊娠糖尿病が与える影響とは?



妊娠糖尿病にかかる事による影響を解説して行きます。


妊婦さん、赤ちゃん共にどのような弊害が生まれてしまうのでしょうか?

妊婦さん


羊水過多症



胎盤で赤ちゃんと繋がっていますので、妊婦さんが妊娠糖尿病であればその影響はお腹の赤ちゃんにも引き継がれるのが一般的。


当然赤ちゃんも糖尿病の症状として多尿となってしまいます。羊水は主に赤ちゃんの尿や肺胞液などで満たされているため、赤ちゃんの尿でいっぱいになってしまう事も。


羊水過多症になってしまう事で逆子として生まれやすくなってしまうため、注意をしなければなりません。

2型糖尿病にかかりやすくなる



先ほどにも申し上げましたが、妊娠糖尿病にかかる事で体質が変化し2型糖尿病へ移行する事があります。


統計学的にも妊娠糖尿病の症状が現れた方の実に半数が、出産後に2型糖尿病を引き起こしていると言われています。


妊娠糖尿病は出産後には治るのですが、2型糖尿病は症状は緩和されていきますが完治する事は無く、一生食事制限や適切な運動をしていく事になります。

赤ちゃん


巨大児に



妊娠糖尿病の母親から生まれた赤ちゃんは、出生時体重が4,000gを超えてしまう事もあります。


平均的な出生時体重は3,076gほどですので、いかに巨大児かが理解頂けるかと思います。


体重が大きいのですが、高血糖の影響で内臓や肺の機能が上手く成長して行かない恐れも。

奇形児や発育不全



胎児発育不全や胎児機能不全により、奇形児となってしまう事もあります。


胎盤の機能が低下しているため、適切な栄養を赤ちゃんに送る事が出来なくなるからです。

妊娠糖尿病にかかるとどんな症状が出るの?



妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんに影響をもたらさないためにも、妊娠糖尿病でどんな症状が出るのかをいち早く知っておくことが大切です。


妊娠糖尿病も一般的な糖尿病と症状は基本的にほとんど同じです。浸透圧の働きにより、血液中の水分量が増加してしまいます。


増加してしまった水分量を正常な値に戻そうとする働きにより、頻繁にトイレに行くようになり、喉が渇くためたくさん水を飲むようになります。


ただ、実際に妊婦さんはホルモンバランスの乱れで疲れを感じやすくなってしまいますし、お腹が大きくなることで内臓が圧迫されるためにトイレも近くなることが多いです。


妊娠糖尿病であるにも関わらず、これは妊娠中に見られる特徴だと自己判断してしまう事もあるため気づかれにくく注意をする必要があります。

こんな症状が出たら要注意!

  • 妊活前より頻繁にトイレに行くようになった
  • 喉の渇きを覚えたためより多くの水を飲むようになった
  • 飲んでも飲んでも喉の渇きは満たされない
  • 全身にだるさを感じる



関連記事
妊活中の1日に必要な水分の量はどれぐらい?


妊娠糖尿病の治療法



妊婦健診などで糖尿病であることが発覚した場合、その日から治療を行っていきます。


治療とは言え、いきなり入院をしたり薬を処方されると言う事はありません。日常的な生活習慣を整えていく事で症状は良くなっていくからです。


治療と同時に予防も兼ねていますので、妊娠糖尿病に不安を感じる方は実践をしてみて下さいね。

食事療法



糖尿病の基本的な治療法はこの食事療法です。


糖尿病はその名の通り、「糖」が原因で発症する事が多いため糖質を抑えた食事を行っていきます。


白米やパスタには糖質が多く含まれているため、玄米などに置き換えるなどが必要になって行きます。


とは言え、妊娠中は赤ちゃんにも適切な栄養を送って上げなくてはいけないため、何でもかんでも減らせばいいと言う訳ではありません。


自己判断で減らした食生活を送るのではなく、医師と相談をして献立などを決めて行かなければなりません。


関連記事
妊活中に摂るべき栄養素コラム

運動療法



適度な運動を取り入れることで、インスリン感受性の向上を見込む事が出来ます。特にこれまであまり運動をしてこなかったと言う方には、効果をより実感する事が出来るでしょう。


運動は激しすぎるものですと、お腹にかかる負担も大きくなってしまいますのでウォーキングなどで十分です。


外に出たい気分にはならず、家で適度な運動を行っていきたいという方にはマタニティヨガなどもおすすめです。


関連記事
おすすめのマタニティヨガ

妊娠糖尿病は予防できます



妊娠糖尿病の妊婦さんや赤ちゃんに与える影響は大きく、場合によっては早産や流産のリスクをもたらしてしまう事も。


この恐ろしい妊娠糖尿病は予防するためには、適切な量の食事や適度な運動を毎日心がけていく事が大切になるんですよ。


ジャンクフードを好み頻繁に食べている方や、タバコやお酒が大好きだという方は妊活を成功させたいのであれば控える事をおすすめします。


ストレスを溜めてしまう事で、血糖値を上げるホルモンである「コルチゾール」が多く分泌されてしまいますので、気分転換で運動を取り入れる事は心身の健康にも繋がります。


①適切な食事
②適度な運動
③ストレスを溜めこまない



この3つが妊娠糖尿病を予防するのに欠かせない要素になります。


また、健康的な赤ちゃんを産むためには葉酸は必須です。もし葉酸の摂取量にも不安がある場合は妊活サプリなどで上手に補っていく事が求められます。