妊活中には、ホルモンバランスが乱れる事で様々な肌トラブルに悩まされる事があります。


非妊娠時には肌の問題などとは無縁な生活を送っていた人が、急ににきびなどに悩まされてしまうという事も。


今回の記事では、妊娠中に起きやすい肌トラブルについてと、その対策について解説をして行こうと思います。

スポンサーリンク

にきび・吹き出物



妊活中は女性ホルモンのバランスが乱れることで、妊娠初期の段階からニキビが出るようになります。皮脂腺から分泌される皮脂の量が、非妊娠時よりも増えてしまう事が問題となってしまうんですね。


ただ、ニキビが出来たからと言ってそれほど不安に思う必要はありません。妊活中のニキビと言うのは一時的な現象であり、出産を終えると自然と解消されていきます。


早くニキビを治したいと言う気持ちは分かりますが、洗顔時にゴシゴシとこすってしまったり必要以上に洗顔をしないようにしましょう。


ましてや、ニキビを潰してしまうと言う行為はもってのほか!潰れた箇所から細菌が入り込み、跡が残ってしまう可能性もありますので気を付けたいですね。

シミや色素沈着



ニキビ以外にも、妊活中にはシミや色素沈着なども引き起こしがちです。


外出時などに紫外線を浴びる事によって、シミが濃くなりやすく痒みによる皮膚破壊の後に色素沈着になってしまう事も。


ただしこちらの症状も、出産を終える事で薄くなる一時的なものになりますが、場合によっては妊活を終えた後にも残ってしまう場合があります。


そのため、妊娠中には日の光の強い所には入らないようにする、帽子や日傘などを使い出来る限り紫外線を浴びないようにする工夫が必要です。


UV対策のスキンケアとして、soleo ソレオ オーガニックスなどの日焼け止めクリームを使ってみるのも効果を感じられるかもしれませんね。


soleo ソレオ オーガニックスの詳細はコチラ!
肌へのやさしさにこだわった日焼け止め【soleo ソレオ オーガニックス】


痒みを感じてしまう事も



妊娠中はホルモンの影響で、何もない時でも肌に痒みを伴う症状を訴える方も少なくありません。


妊活を行う女性に発生するものとして、「妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)」と呼ばれる皮膚トラブルに襲われる事もしばしば。


この妊娠性痒疹には、肌に赤みを感じるようになったりぷつぷつと盛り上がった丘疹が出るのが特徴で、場合によっては水ぶくれになる事もあります。


さらに入浴後や就寝中の布団の中など、比較的体が温まりやすい環境にいる事でかゆみがより強いものとなってしまう事がありますが、掻き毟らないようにする事が大切です。


症状をより悪化させてしまうだけでなく、掻き毟らなかった場合に比べると治る時間も遅くなってしまいます。


対策としては、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿をさせる、肌のほてりを感じる場合は冷たいタオルなどを押し当て熱を下げる事も効果があります。


肌を清潔に保っておくことも大切です。『みんなの肌潤セット』

と言うスキンケア商品は、入浴中~入浴後に乾燥しがちな肌をしっかりとケアしてくれます。


痒みを感じることが多い、アトピーに悩まされていると言う妊婦さんにも使え、万が一効果を感じられなかったようであれば全額返金保証も付いているようです。

どうしてもひどい場合は病院へ



妊活中の肌トラブルは、適切な対処をし予防に努めることで何とかなる場合が多いです。


普段の生活から紫外線を避ける生活をする、スキンケアクリームを使い肌を清潔に保っておくことが大切。


大抵の場合は症状が現れるのは妊活中だけであり、出産を終える事でホルモンバランスが戻りますからね。


ですが、症状をこじらせてしまった場合には、内服薬を使用する事も出来ますので不安であれば医師に相談をすると良いでしょう。