tuwari
妊活に取り組み、赤ちゃんを授かることに成功し嬉しい気持ちもありますが、その反面妊娠をする事でつわりなどの症状に悩まされる女性も数多くいらっしゃいます。


妊娠中には、卵巣から分泌される女性ホルモンである卵胞ホルモンである「エストロゲン」や黄体ホルモンである「プロゲステロン」が、胎盤で多く放出されます。


非妊娠時のおよそ10倍ほど、ピークを迎える頃には100倍にまで増加してしまいますので、ホルモン異常としてつわりのような症状が起きてしまうんです。

スポンサーリンク

つわりの原因ってなに?



つわりの症状として多く現れるのは、吐き気や嘔吐などの症状です。苦しさを感じる上、嘔吐恐怖症の方の場合何としてでも避けたいものですよね。


妊婦さんの約7割近くが経験すると言われているこの症状ですが、なぜ発生するのかについての原因はいまだ謎のままです。


多くの場合、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性特有のホルモンの他、甲状腺ホルモンなどが脳に電気信号として伝え、吐き気を促す嘔吐中枢を刺激するためとされています。


これ以外にも、妊活を行う事による疲れやストレスなども、吐き気を伴うつわりをもたらす原因なのではないかと考えられているようです。

つわりになると食事が摂れない?



つわりで吐き気に襲われてしまう事で、満足に食事を摂ることも困難になってしまいます。


美味しい食事を摂る事は人生においての楽しみの1つですし、ストレス発散にもなりますから食べられないのはとても辛い事です。


ただ、このつわりは妊娠中にずっと襲われると言う訳ではなく、ピークを過ぎれば吐き気も治まってきますのでそれほど不安に思う必要はありません。


ですが、食べられない時は食べ物を見るだけでも拒否反応が出てしまう事も。こうなってしまうと、栄養素を摂る事が出来ずに体重も落ち健康的にも良くはありません。


食べ物を食べられず栄養補給が出来ない時は、せめて葉酸などの妊活中に特に摂取しておきたい栄養素だけでも取り入れる事は、妊活を成功させていく上でも大切です。


当サイトでは、おすすめの妊活サプリを紹介していますので、興味がある方は是非こちらもご覧ください。


痩せ衰えて来たら体はSOSのサイン!



つわりの症状に襲われる場合、そのほとんどが妊娠12週頃になると治まってきます。


16週を迎える頃には吐き気や嘔吐などの症状が出なくなることがほとんどです。個人差もあり、早めに解決される方もいればちょっと長引いてしまう方も。


吐き気に襲われ、なかなか食事を摂る事が難しかったとしても、体重に変化は見られず急激な減少などが起きていなければ特に問題はありません。12週を超えたあたりから吐き気も治まりますので、今までと同じような食生活を送る事が出来るようになります。


ですが問題になってくるのが、料理はおろか水分やゼリーなどですら戻してしまうと言う状態には注意が必要です。


栄養を一切摂取出来ない状態になっていますので、体重も2~3kg、場合によっては5kg近く痩せ細ってしまう方もいらっしゃいます。


水分ですら戻してしまうとなると、体の機能を回復させてくれるはずである電解質やビタミンまで不足してしまいますので、負のスパイラルに陥ります。


この状態になってしまった場合は、入院をし点滴を打ってもらいながら電解質やビタミンを補給して上げる必要があります。

つわり対策は何をしたらいい?



つわりは残念ながら完全に防ぐ事は出来ず、かかる人はどうしてもかかってしまいます。


ですので、つわりを防ぐと言うよりかはつわりの症状を少しでも感じないようにする事が大切です。


以下につわりの症状を緩和させる方法を解説しておきますので、是非とも参考にしてみて下さい。

食事の量を減らし、回数を多く



つわりが発生する時期の赤ちゃんの大きさはおよそ3cm程です。そのため、妊娠後期と比較をしてみればさほど量を食べる必要はありません。


一度にたくさんの量の食事を摂る事で、気持ちが悪くなってしまう事があります。


吐き気などの不安がある場合には、1回の食事を少なくし、1日4回の食事を摂るなどをしてみましょう。

食べ物は冷ましてから食べる



温かい料理は心とお腹を満足させてくれます。


ですが、温かいものは匂いが立ち込めやすくつわりの時には辛いと感じる事も。


妊活中には、熱い食べ物は調理後時間をおくなど、ある程度冷ましてから食べるようする事でつわりの症状を軽減する事が出来ます。

急に起き上がらないこと



起床時にいきなり起き上がろうとする行為は、妊活中には控えておいた方が良いです。


起きた直後の状態と言うのは、脳が眠った状態でエネルギーが枯渇している事が多いんです。


急に起き上がる事で、立ちくらみなどを引き起こしてしまう可能性があるので、起床後15分程度は横になったまま過ごす事が大切。


さらに、クッキーなどの炭水化物が多めのお菓子などを枕元に置いておき、起床直後に一口食べる事で脳が覚醒しやすくなります。

部屋は常に換気をする事



部屋はずっと閉め切っておくと、酸素が失われ二酸化炭素がどんどん増えて行きます。


妊活中の女性は特に空気には敏感です。空気が悪い事で体調を崩してしまう事もありますから、適度に換気をする事が重要です。


夏の暑い日などに冷房に頼り切りですと、ついつい喚起をしてしまう事を忘れてしまいがち。電気代節約にも繋がりますので、自然の新鮮な空気を取り入れるようにしましょう。


冬の寒い時期には、窓を開ける事で一気に空気が冷えてしまい、開けることが嫌だと感じることがあるかもしれませんが、1時間に5分を目安に空気の入れ替えをするようにしたいですね。