女性がお洒落をする時に欠かす事の出来ない部分の1つである髪の毛!


今ではあらゆるお洒落なヘアースタイルがあり、あれもこれも挑戦してみたくなっちゃいますよね。


雑誌を見るたびに「この髪型いいなー!」とか、「やっぱこっちのが似合うかも!?」ウキウキが止まりません!


髪型もそうなのですが、重要なのはどんな髪の色にするか。少し色を変えただけでもその人の印象って大きく変わりますもんね。


さて、いよいよ本題に入って行くのですが、妊活をして赤ちゃんが欲しいor赤ちゃんを授かっている場合にヘアカラーをしてもいいのでしょうか?


お洒落にも気を遣いたいけど、赤ちゃんに影響が出るかもしれないからなかなかヘアカラーにチャレンジ出来ないと言う方も多いようです。


果たして妊活中にヘアカラーをしても大丈夫なのでしょうか。それともお腹の中の赤ちゃんに何らかの悪影響をもたらしてしまうのでしょうか。


スポンサーリンク


妊活中のヘアカラーは問題ありません



ヘアカラーの薬剤が、頭皮に染み込んで体内に吸収されて・・と考える方が多いようです。


結論から申し上げますと、例え妊活中であったとしてもヘアカラーをしても問題ないとされています。


実際に妊婦さんでも髪を染めている方はたくさんいらっしゃいますし、医学的にも妊娠中のヘアカラーが赤ちゃんに影響をもたらすとは発表されていないからです。

スポンサーリンク

美容院で染めて貰いましょう



妊活中のヘアカラーで心配されるのは、お腹の赤ちゃんへではなく頭皮に与えるダメージです。


考えすぎかもしれませんが、ヘアカラーで頭皮が荒れる→シャンプーをしたくない=お風呂に入らない事も無いとは言えませんよね。


お風呂に入らないと体の疲れが取れませんし、何より女性と妊活時の天敵である「冷え」に繋がってしまう可能性があります。


市販で販売されている染毛剤には刺激の強い種類がある上に、慣れていないと頭皮に薬剤がついてしまい頭皮が荒れてしまう事があります。


その一方で美容院などで使用されている薬剤は刺激の少ないのが特徴で、かつ相手はプロフェッショナルですから、頭皮に薬剤が付く事も少ないため、100%とは言えませんが頭皮を傷める事も少ないです。


少々値段はかかってしまいますが、頭皮へ与えるダメージ、さらには仕上がりまで考慮するのであれば、自分で染めるのではなく美容院で染めて貰う事をおすすめします。

ヘアカラーをするなら早めの内に



もし、ヘアカラーをするのであれば、妊活中もしくは妊娠してから早めの内に済ませておく事をおすすめします。


と言うのも、妊娠中期~後期にかかりますと、お腹の赤ちゃんもかなり大きくなってきていますので、お腹へかかる負担も倍増してしまいます。


特に美容院でヘアカラーをしてもらう場合、髪にしっかりと浸透させるために長時間座りっぱなしになりますよね。


あの待ち時間、興味のある雑誌を読みたい時には有効に使えるのですが、基本的には座りっぱなしで身動きが取れず血流が滞ってしまう場合もあります。


体への負担を考えるのであれば、染めると決めたら出来る限り早めに行動をしておきたいですね。

妊活-ヘアカラー-のまとめ

  • 妊活中のヘアカラーは問題ありません
  • 頭皮のダメージには気を付けましょう
  • 出来る限り自分で染めるのではなく、美容院などで染めて貰う
  • お腹が大きくなると座りっぱなしは大変!染めるならなるべく早めに