毎朝出したいのになかなかスッキリしない、こんな便秘の症状に悩まされてはいませんか?


お腹も重たく感じてしまいますし、何より本来出るべき物を体に溜めこんでしまうのは良い気分ではないですよね。


便秘に悩む方の中には、解消させることを目的としてレタスやキャベツなどをひたすら口にすると言った方もいらっしゃいます。


ですが、実はそれだけではなかなか便秘を解消する事は難しいのをご存知でしたか?


妊活中に便秘にかかりやすい理由、さらにはどうすれば便秘を解消できるのかについて解説をして行きます。

スポンサーリンク

便秘にかかってしまう原因は?



「食物繊維を含む料理をあまり口にしない」
「水分を摂らない」
「運動をしない」


これらは便秘にかかりやすくしてしまう要因です。ですが、これは一般的な原因ですね。


妊活を行う女性が便秘にかかりやすいのは、ホルモンの影響が関与しているんです。黄体ホルモンであるプロゲステロンは、お腹に赤ちゃんを授かる事で腸のぜん動運動を鈍くしてしまう役割を持っています。


腸が活発に仕事をしてくれないようであれば、当然ながら便秘にかかりやすくなってしまいますよね。


それ以外にも、妊娠期間が長くなっていく事で子宮もどんどん大きくなっていき、腸を圧迫してしまいます。


プロゲステロンによるものと、子宮が大きくなり腸が圧迫されるこの2つが、主な妊活中の便秘の原因になります。

便秘になるとどうなるの?



便秘になってしまいますと、排便が上手くいかず毎日をどよーんとした気分で過ごす事になります。


何とかして便秘を解消しようと、トイレに籠り力みたくなってしまいがち。ですが、力を入れ過ぎてしまう事で痔を引き起こしてしまう事もあります。


また、妊活中だけでなく、出産後も母乳育児が原因で体内の水分が失われがちになりますから、便秘には注意しなければなりません。


出血や痛みのもととなってしまいますので、例え便秘であったとしても無理する事は禁物ですよ。まさに北風と太陽の物語のような対策を取る事が大切です。


便秘の予防・解消に必要な事とは?



便秘を予防・解消をするためにサプリメントなどを使う事もあるかと思います。


確かにそのようなサプリメントには効果がありそうな成分も含まれており、とりあえず使ってみると言う方も多いのではないでしょうか。


ですが、サプリメントはあくまでも栄養補助食品に過ぎません。薬とは違い即効性はないですから、サプリメントの効果を高めるようにしてあげる必要があります。


便秘解消サプリメントなどに頼る前に、まずは日々の生活について見直してみることが妊活中の便秘を楽にするための近道になります。


また、便秘薬を服用する場合には注意が必要です。特に妊活中に市販の便秘薬には早産や流産を誘発させる成分が含まれている場合があります。


関連記事
妊活中でも飲める便秘薬ってあるの?市販のものには要注意!

朝ごはんは必ず食べる!



1番理想的なのは、夜は早めに寝て翌朝早起きをする。これに尽きます。


早寝をする事で成長ホルモンの分泌量を促してくれますし、何かと忙しい朝も時間に余裕を持つことが可能です。


朝に余裕がある事で慌てる必要もありませんので、時間をかけて朝ごはんを摂る事が出来るようになります。


実はこの朝ごはんはとても重要でして、午前中の脳や体のエネルギーとなってくれるだけでなく、眠っている腸を活発にしてくれる役割があります。


起床時には頭ぼボーっとしている状態ですが、それは体も同じこと。食べ物を摂り、腸を目覚めさせてあげることで朝からの排便を促してくれます。

食物繊維をしっかりと摂る!



便秘を解消する=食物繊維と思い浮かべる方も多いでしょう。食物繊維は腸をお掃除してくれる働きがありますので、便秘解消に非常に効果的です。


ただ、多くの方がレタスやキャベツなどを食物繊維を補給する目的で摂取しているのですが、実は含まれている食物繊維は少なかったりします。


100gあたり1.0g程度しか含まれませんので、食物繊維としてキャベツなどを摂っていた方はもしかしたら食物繊維不足になっているかもしれません。


それとは別に、食物繊維を多く含む食材としましては、根菜類や海藻類、納豆などがあります。さらに詳しく知りたい方は食物繊維が妊活する女性に必要な理由とは?も是非ともご覧ください。

水分不足にならない事!



便秘になってしまう原因の1つとして、体内の水分不足が挙げられます。水分が足りない事によって便に潤いが無くなり、排便がし辛い状態になってしまうんですね。


運動などをする機会が少ない方が、多くの水を飲まなければいけないのは苦痛に感じるかと思います。


ですが、妊活を頑張る女性が便秘を解消するための方法としては、水分を補給する事は手軽に行えます。


妊活中の1日に必要な水分の量はどれぐらい?のページに、妊活女性が1日に飲みたい水の量や、飲み方などを記載してますので、こちらも宜しければ是非!

適度な運動をする事



適度に体を動かしてあげることで、代謝が活発になり便秘も解消されやすくなります。


特に、食物繊維は摂取しているんだけどなかなか効果が実感出来ないと言う方は、運動をする事で驚くほど変わる事もあります。


何も激しい運動が必要である訳ではありません。1日に30分間の散歩でも全然違います。たったの30分でも毎日続ける事で大きな結果となって現れますからね。


重たいものを持ってウエイトトレーニングなどはしなくても大丈夫です。妊活中にはあまり外で運動したくない・・と言う方には「ヨガ」など、自宅で行える運動もいいですね。


不妊治療としてもヨガは実践されており、妊活をする女性には人気のスポーツとなっているようです。ヨガについての詳しい情報は、妊活中に腰痛を感じた時の対処法!ヨガやストレッチで柔軟性を高めましょう!のページからご覧ください!