mukumi


妊娠をしお腹に新たな命が宿る事で母親の体質も非妊娠時と比べて変わって来ます。


代表的な例がつわりで、特に妊娠初期に現れるのが特徴ですね。このように妊娠をする事で、あらゆる不調が身体に現れてきます。


その1つが妊娠中に感じるむくみ。妊活を行うほとんどの妊婦さんがこのむくみに悩まされており、「赤ちゃんは大丈夫なの・・?」と不安に感じるようです。


特に妊娠中期以降から目立ち始めるのが特徴でして、もうすぐ赤ちゃんと出会える期待感もありつつ、流産をしたらどうしようとどっち付かずの気持ちになりがち。


今回の記事では、どうして妊娠をする事でむくみやすくなるのか、またむくむことによる危険性はあるのかについてシェアをして行こうと思います。


スポンサーリンク


むくみってそもそもなに?



まずはむくみが何なのかと言うのをおさらいしておきます。


むくみとは、塩分を多く含む食材を摂り過ぎたことにより、上手く体内の水分を体外へと排出する事が出来ずに体内で溜め込んでしまう事を言います。


これは塩分(ナトリウム)が持つ、水分を体に溜めこみやすくする性質によるもので、血液内に存在する水分量が増えて行ってしまうことでむくみとなるのです。


むくんでしまうと体のあちこちでむくみ特有の痛みが生じる他、高血圧などの危険な症状が裏に潜んでいる可能性もありますので、油断出来ない厄介な症状なのが特徴です。

むくみが起こる原因は?



一般的に言われているむくみの原因と言うのは、

  • 塩辛い物を好んで食べる
  • 慢性的な運動不足が原因
  • 筋力の低下によるポンプ機能の低下
  • 体の冷え
  • 腎臓機能に障害がある場合も



などが主な理由として考えられます。


妊活に取り組んだ後、赤ちゃんを授かる事で母親のホルモンバランスはゆっくりと乱れて行きます。


本来であればむくみの原因である物質は、筋肉のポンプ作用により静脈やリンパ管を介して元に戻って行くのですが、上記の原因が重なる事によってむくみとなって足や顔に溜まってしまうんですね。


特に妊娠中期以降になりますと、胎児もどんどん大きくなっていきますので栄養をより多く届けるために血液量も徐々に多くなっていくのが特徴です。


血液と言うと、一般的には赤い成分である赤血球(特にヘモグロビン)を思い浮かべますよね。ですが、妊娠をしたからと言ってこの赤血球は急には増える事はないんです。


では、何の成分が血液量の増加をもたらしているのかと言えば、「血しょう」と呼ばれる液体成分です。


さらに言うと、非妊娠時に比べるとピーク時の血液量は1.4倍までにも膨れ上がりますので、意識をしていても妊娠中はむくんでしまうと言った症状が現れるようになります。

スポンサーリンク

生活習慣にも大きく影響しています



むくみはホルモンバランスの変化以外にも、どのようなライフスタイルを送っているのかにも大きく左右されてきます。


例えば美容師など立ちっ放しで毎日仕事をしている方は、脚に血液が溜まりやすい状態となっていますのでふくらはぎがむくみやすくなります。


その他にも、妊活をしながら専業主婦として家事を毎日こなしているんだけど、掃除や買い物以外はこれと言った運動はせず、食べる物も塩味が濃い物が好きという方はむくみやすい体質を作っています。


もし、このようなライフスタイルを送っているなどして、むくみを実感されているようであれば以下の改善法を試してみて下さいね。

妊娠中のむくみ改善に必要な事は?


適度な運動をする事



むくみを解消させるために行いたい事の1つとして運動があります。


適度な強度の運動を習慣づける事で、筋肉と筋力が高まり血液のポンプ作用が高まりますのでむくみ辛い体にしてくれます。


若くて運動に取り組んでいた頃はむくんだことは無かったのに、社会人や主婦になってからむくみ始めたと言う方は運動不足が原因かもしれません。


とは言え、妊活中ならまだしも既に妊娠をしているのであれば、激しい運動を無理して行う必要はないです。軽めのウォーキングやヨガを毎日続けて行くだけでもかなり変わりますよ


目安としては息が少し上がり、人と会話できるレベルの強度が理想ですね。運動をする事でむくみだけでなく、肥満の予防にも繋がり体重コントロールをしやすくなりますので特におすすめです。


関連記事
妊活中は適度なウォーキングを!体重の増加を抑える働きも
妊活中に腰痛を感じた時の対処法!ヨガやストレッチで柔軟性を高めましょう!

塩分濃度を減らす



先ほど申し上げました通り、塩分を大量に取り入れる事で塩分濃度を薄めるために、水分を溜めこみやすくなりますのでむくみが発生してしまいます。


晩御飯に飲み会などで塩辛い物をたくさん食べ、アルコールを飲んだ翌朝に鏡を見てみると顔が腫れぼったく感じる場合が多いと思います。


これは眠っている間に塩分が水分を取り入れた結果、パンパンに腫れ上がった顔を作り出していると言う訳です。腫れた顔を会社などの人に見られるのは恥ずかしいですよね。


これを防ぐためには、やはり塩分濃度の高い食事は極力控えることが理想です。特に妊活中は。


ほんのたまにであればほぼ問題はありませんが、継続的に塩分が濃い食事を摂り続けて行く事で妊娠している場合「妊娠高血圧症候群」と呼ばれる危険な状態になる場合がありますので、日々の食事から摂取する塩分の量は気を付けるようにしましょう。


厚生労働省(2014年)が発表した情報によれば、1日に摂取しても良い塩分の量は7gと定めており、日本高血圧学会減塩委員会は6g未満に抑える事で高血圧を予防する事に繋がると発表しています。


塩分は美味しいですので、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが健康の面を考えるのであれば減らしていきましょう。


また塩分は減らしていきますが、葉酸の摂取量は減らしてはいけません。もし葉酸の摂取量が足りないようであれば妊活サプリなどもおすすめです。


関連記事
妊活中の塩分についてさらに詳しく!
妊娠高血圧症候群とは?

カリウムの積極的な摂取を



むくみの原因となるのは塩分が水分を溜めこむから。それと逆の役割を持っている栄養素が「カリウム」です。


バナナやスイカを口にした後に、尿意を催すと言った経験はありませんか?これはカリウムの働きによるもので、体に溜まったナトリウムを尿や汗と共に体外へと放出させてくれるためです。


主に野菜や果物に多く含まれており、ダイエットしたいのであればこれらの食材を多く摂ると良いと言われる理由の1つとなっているんですよ。


妊活中は出来る限り塩分ではなく、こちらのカリウムを多く摂るようにしていきたいですね。

むくみ解消マッサージを



むくんでいるのはリンパの流れが滞っているためでもありますので、マッサージをして流れを改善して上げましょう。


むくみが進行している場合は痛みを感じるかもしれませんので、痛すぎずの力加減でゆっくりとさすっていく事が大切です。


また、マッサージのやり方についても重要です。よくふくらはぎがむくんでいる方が、足先へとさすっていく事が多いですがこれはあまり効果がありません。


指圧などの医学療法的のものであれば構いませんが、溜まった老廃物を排泄する事が目的であれば、ふくらはぎから心臓の方向へさする事でより効果を感じられますのでマッサージをされる際には試してみて下さい。