s_gahag-0079794090


妊活に取り組んでいる女性にとって、基礎体温は重要な要素の1つですよね。


自分の基礎体温がどれくらいなのかを知る事は、妊娠出来るかどうかの一つの指標となります。


妊娠をしやすい基礎体温表の見方など、皆さまと共にシェアをして行こうと思います!


スポンサーリンク


基礎体温とはどんなもの?



そもそも基礎体温とは一体何なのでしょうか?


この基礎体温と言うのは、昼間活動している間に測る温度の事ではなく起床直後に測る体温の事を指します。


これは基礎代謝(心臓を動かすなど生きるために必要最小限のエネルギー)のみの体温であり、1日の中でも最も低い値を示すのが特徴です。


非常に体の動きによって左右されやすいのが特徴で、少し上体を動かしたり布団から出てトイレに行くなどをしてしまうだけでも上昇してしまう事があります。


正確な自分の基礎体温を知る事が出来なくなってしまいますから、測る際には一歩も動かずじーっとした状態で行わなければいけません。


そのため、基礎体温を測る前日には枕元に体温計を忘れずに置いておくようにしましょう。


特に女性の体温の場合、排卵期を境にして体温が低めな「低音期」と、比較的高めな「高温期」の2つに分類をされます。


2~3週間ほど低温期が続いたら今度は2週間ほど高温期が続く状態が交互に行われますので、しっかりと記録を付けながら毎日を過ごす事で排卵日もしくは生理周期を予知する事が出来るんです。

体温が高いか低いかの目安は?



一般的に言われている基礎体温の判定基準は、36.7度を境にして判断をする事が出来ます。


これより高ければ高温期、低ければ低温期と言った感じですね。とは言え、体温にも個人差がありますので当てはまらないと言う場合もあります。


もともと体温が高め(or低め)だと自覚しているのであれば、妊活を行う数カ月ぐらい前から自分の体温はどれくらいなのかを把握しておくことが大切です。


基礎体温で妊娠しやすい時期が分かる!



基礎体温を定期的に記録しておくことで、妊娠しやすい時期もある程度は予測が可能になります。


そのカギを握るのが排卵日をきちんと知るというもの。月に1度起こる排卵日の日は卵巣から選りすぐりの卵子が卵管へと排出をされていきます。


この排卵日のおよそ前後3日間の間は全体の中でも比較的に妊娠しやすい時期と言われていて、妊娠を希望している夫婦はこのタイミングでセックスを行う事が多いです。


特に排卵日当日は最も妊娠をするチャンスがありますので、なかなか妊娠する事が出来なくて困っているのであればこの日を狙っていきたいものです。

d8138f191cf9a608aeddd637fd7c0c38-480x339


規則的な基礎体温にするために大切なことは?



女性の体質は非常にデリケートでして、少しの変化に対しても影響を受けてしまいがち。


特に基礎体温が低い状態が続いてしまいますと、子宮が冷えている場合も考えられ妊娠しにくい体質になっているかもしれません。


基礎体温を正常に保ち、妊娠しやすい状態を作り上げるためにどのような対策をしていけばいいのでしょうか?

筋力トレーニング



体温が低い原因はもしかしたら筋肉量が少ないことが原因であるかもしれません。


筋肉が少ないと、基礎代謝と呼ばれる何もしないでも消費されるエネルギー量が低く、全体的に体も冷えてしまうようになります。


適度な筋力トレーニングは程よくしなやかな筋肉が身体に付き、体力の向上も見込めますので疲れにくい体質を作り上げる事にも役立ちます。


妊娠をしてからはあまりハードな筋トレを行う事は出来ませんが、今後本格的に妊活に取り組んでいこうとお考えであれば、筋トレをして体温を上昇させてみてはいかがでしょうか。


今までほとんど運動をした経験もなく、いきなりハードな筋トレはちょっと・・と言う方であれば、日常生活の中で運動量を増やしてみるのも効果的です。


例えば、いつもエレベーターを利用していると言う場合であれば、ちょっと頑張って階段を使って昇り降りをするのもいいですし、近くのコンビニに車で移動していたのであれば徒歩で移動するなどでも十分違いを感じることが出来るはずです。

ストレッチ



冷えを感じる直接的な原因は、血液の流れが悪い事が挙げられます。そこで行っていきたいのがストレッチです!


ストレッチは全身の筋肉をギューって伸ばす事が出来ますので、筋肉に程よい刺激が入り血流を改善させたい時には効果的。


特にストレッチの効果を最大限に発揮することが出来るのは、お風呂に入った後の身体があったまっている状態の時です。


普段は身体が硬くて手を伸ばしても爪先に届かない、と言う方でもお風呂上りであれば血液の流れも良い状態ですからいつもより柔らかい状態を体感出来ます。


ストレッチは慣れていないと痛みを感じる事も多く、それが原因で続かなくなってしまう場合がほとんど。長い目で見て行き、毎日少しでも継続していく事で徐々に柔らかくなっていくはずです。


根気よく頑張って続けて行きましょう!

しっかりと食べる



よく、ダイエットとして食事を極力少なくしようとする方がいますが、これは体温を上げたい場合にはやらない方が良いです。


食事を摂った直後など、何だか身体がポカポカしてくる事を経験したことはありませんか?これを食事誘発性熱産生と言い、一時的に体温を上げる事が出来るんです。


特にこの食事誘発性熱産生で体温の上昇を期待する事が出来る栄養素はタンパク質。お肉やお魚、さらには豆類に多く含まれているのが特徴ですね。


その他にも、ニンニクやトウガラシ、ニンジンカボチャ春菊など身体を温めてくれる食材はたくさんあります。


ニンジンやカボチャには、β-カロテンと呼ばれる妊婦さんが積極的に摂取をしたい栄養があり、葉酸と同様にたくさん摂取していく事が求められています。ちなみに、葉酸はほうれん草いちごの他、妊活サプリメントを使う事でも取り入れる事が可能です。


逆に、食べる事で身体を冷やしてしまう効果の食材もあります。基本的には水分をたっぷりと含んでいる、スイカやバナナ、冬瓜などがあり妊活中は身体を冷やす事はおすすめ出来ませんので、なるべく控えるようにした方が良いでしょう。