足の裏には多くのツボがあり、私たちの健康状態を知る上で痛みやコリと言った症状で知らせてくれます。


「何か足の裏のここが痛いなーと思ったら、内臓のどこかに何かしらの異常が見つかった」なんて言うのはよくある話しですよね。


それに関連して、実は妊活中の女性はかかとの状態を知る事で、妊娠しやすい体質なのかそうでないのかを見分けられる場合もあるんです。


かかとが妊娠とどのような関連性があるのか、またどんな状態が好ましいのかを皆さんとシェアをして行こうと思います!


スポンサーリンク


かかとが乾燥していたら要注意!



皆さんのかかとは今現在どのような状況なのでしょうか?どのような状況って漠然とした言葉だとイメージし辛いですよね・・・。(笑)


例えば、しっとりとツヤツヤしているかかとだと言う方もいれば、乾燥してカサカサのかかとの持ち主だっています。


触れてみて他の皮膚と同様に、潤いで満たされていれば特に妊活において気にする必要はありませんが、問題なのはカサカサでストッキングやタイツをを履いても引っかかってしまうといった感じ。


この場合は、妊活する女性にとって問題である可能性がありますので、かかとのカサカサから脱出しなくてはいけないんです。

かかとのツボはどこと連動しているの?



足ツボマッサージやイボイボの付いた足踏み台を使う事で、痛い部分には何かしらの異常があると言います。


親指が固かったり痛みを感じる場合は、そこをほぐしてあげる事で不眠症に効果的でよく眠れるようになったりだとか、土踏まずが痛む場合は消化器系に負担がかかっているかもしれません。


それらと同じでかかともある部分と連動をしています。それは卵巣や子宮と言った妊娠をするための器官である下腹部や生殖器です。つまり、かかとに異常がある場合は、血行不良でお腹が冷えやすくなっていると言う事ですね。


腕や脚などの他の部分はそれほど感じないのに、お腹を触ってみると冷たかった。なんていう経験はありませんか?


特に妊活を成功させるためには、冷えを改善させ、血行を良くしなければいけないと言われている程、身体が冷える・低体温と言った症状は何とかして上げる必要があるんです。


【関連記事】
身体が冷えると赤ちゃんが出来にくい?妊娠による冷えを予防するには?

スポンサーリンク

妊活時にはかかとを柔らかく!おすすめの方法3つ



それでは、どうすれば固くなってしまったかかとのカサつきを軽減できるのかをご紹介します。


自宅で無料で行えるものや、多少お金がかかってしまうものなどありますが、是非参考にしてみて下さい。


あ、言い忘れていたのですが、かかとの目安としましては中指の付け根からそのまま下へと移動した位置ですね。

かかとマッサージ



凝り固まってカッチカチになってしまったかかとを、手や硬い物を利用して刺激すると言った方法ですね!


親指や拳を使って指圧していくのもいいですし、力が無い方や疲れたくないと言う場合はゴルフボールなどを踏むのもおすすめです。


特にゴルフボールなどであれば、デスクワーク中や家でまったりテレビを見ている時にでも出来ますので、時間を有効活用しながらかかとに刺激を与えられます。


夫婦でお互いマッサージし合うってのもいいですね!スキンシップを図る事で、お互いの心の距離もより一層縮まる事間違いなし!?

妊娠中には注意が必要です



場合によっては妊娠をしてから足の裏が辛く感じて、マッサージをしたくなるorする時があるかもしれません。


足つぼマッサージと言うのは実は思っている以上に効いてしまう場合がありまして・・。やり方によっては疲れが取れるどころかかえって悪影響が出る可能性もありますので気を付けて下さい。


特に妊婦さんの場合はホルモンバランスの関係でより過敏な状態となっていますので、非妊娠時と同じ強度で行った場合効きすぎて逆効果になってしまう事も。


少しの刺激でも十分に刺激は伝わりますので、妊娠をされた場合にはガツガツ指圧をするのではなくて、優しく包み込むかのようなかかとマッサージをする事をおすすめします。

保湿クリームを塗ってみる



先ほどのマッサージがかかとのコリや硬さを改善するのであれば、保湿クリームは潤いをもたらしてくれるのに効果的です。


かかとに限った話しではないですが、体のとある部分が乾燥をしてしまう原因と言うのは水分が奪われて油が失われている場合がほとんど!


特に冬場なんかは湿度が低く、対策をしていなければアッと言う間にカッサカサになってしまいますよね・・。


乾燥しやすいのはお風呂に入って温まった後です。サッパリとする入浴後ですが、乾燥を感じるようであれば保湿クリームなどを使ってみて下さい。


しっかりと保湿をして上げる事により、乾燥知らずな潤いをもったかかとに仕上げることが出来ますよ。ストッキングを履いても気にならないですので、ぜひ試してみて下さい!

家では靴下やスリッパを履く



外では当然靴やヒールなどを履いて足裏全体を保護していますが、我が家に帰宅した時はどうでしょうか?


1日溜めこんだ疲れを解放してあげるために、特に何も履くことなく素足のまま過ごされている方も多いと思います。


とは言え、妊活中でかかとに余計なダメージを与えると言う事から考えると、素足で活動されるのはあまりおすすめは出来ないです。


やはり体重による圧力が直接かかとにかかってしまう事や、擦れてしまう事で乾燥してしまう事にも繋がりかねませんよね。


かかとにのしかかる負担を少しでも減らすために、家の中であったとしても靴下もしくは足裏をしっかりと保護してくれるスリッパを履くのはどうでしょうか。

妊活とかかとの記事-まとめ-


  • かかとは下腹部や生殖器のツボと連動している
  • 体が冷えてしまうと妊娠し辛い体質になってしまいます
  • かかとのコリを解消させるためには足ツボマッサージがおすすめ!
  • でも、妊娠中は優しくマッサージして上げるのがポイント
  • 潤いを与えるのであれば、お風呂上りに保湿クリームがおすすめ
  • 家の中でも靴下やスリッパを履くとなおgood!!



いかがだったでしょうか。


足のツボを刺激する事は妊娠力を高める可能性を期待出来るだけでなく、全身の機能を高める事にも繋がります。


特に足には多くのツボもありますので、効率よく刺激をして体の不調と立ち向かっていきたいですね。


【関連記事】
妊活に刺激をしたいツボとは!自分で押すのは禁忌って本当なの?