lgi01a201401142300


早い内から妊活に取り組み、成功をして赤ちゃんを授かる女性も多い中、仕事や家事などが忙しく、なかなか妊活を行うタイミングがないと言う方もいらっしゃいます。


また、場合によっては妊活を行っているにもかかわらず、授かる事が出来ないと言う場合も。そんな中頭をよぎるのが、いつまで妊活を行うべきなのか・・?と言う所だと思います。


スポンサーリンク


35歳を境に卵子が減少



男性の場合、常に精子が生成され続けているため数が減少すると言う事態に悩まされる事はありません。


その一方女性の場合、卵子は排卵によって少しずつ数が失われていくのが特徴で、1回の排卵でおよそ1000~2000もの卵子が排出されていきます。


30代後半、早い人ですと前半あたりから卵巣の機能が低下しはじめ、40歳前後には卵子の数は数千個までに落ち込んでしまうと言われています。


この排卵を繰り返していき、50代を迎える頃には卵巣内の卵胞が完全消滅し、いわゆる閉経すると言った状態になる場合がほとんどです。


これが原因で若い時よりも年齢が上がるにつれて、妊娠をする事が難しいと言われている理由の1つとなります。

遅すぎても妊娠出来ない事はない



とは言え、閉経間近の40代後半から50代に入る女性でも妊活を行い晴れて妊娠するという事も珍しくはありません。


なぜなら卵子が少しでも体内に残っている(=完全に閉経してしまう前)であれば、妊娠を出来るチャンスはいくらでもあるからです。


実際に40代50代どころか、60代に入ってから妊娠をし出産をしたと言う、アメリカ人女性のアンネグレート・ラウヒニクと言う方もいるんですよ。


彼女が最初に産んだ子供は既に40歳を超えているとの事ですので、孫だと思われても不思議ではない年齢です。彼女の他にも60代に到達しても妊娠をしている方はたくさんいらっしゃいます。


始められるのであれば早い内に妊活を



卵巣の機能の低下には個人差があり、衰えるスピードが速い方遅い方など様々です。


何事においてもそうですが、あの人が40代で妊娠する事が出来たから自分も出来るはずだ!と思い込んでしまうのもまた危険な事です。


やはり妊活にいつから取り組むべきなのか?と言う質問に対しては、出来る限り早い内に行った方が良いと言うのが結論のような気もします。


失われた時間は戻ってくることはなく、このまま進み続ける一方ですのでまだ妊活をするべきタイミングではないとお考えの方には早めの決断をおすすめします。


頑張って妊活に取り組んでいても、結果が出てこないという方で生活習慣が崩れ気味だという方は、まずは規則正しい生活を送るように心がけていく事が大切。


朝はなるべく早い内に起き、3食きちんと食事を摂り妊活に必要な栄養素はしっかりと確保をする。足りないようであれば妊娠をしたい女性向けのサプリなどを摂取してもいいですね。健康な赤ちゃんを授かりたい!と強く願う方は、サプリメントを愛用している方が多かったりします。


そして適度な運動をして体の代謝を高めておく。特に30代以降は運動している方とそうでない方の差はどんどん大きなものとなっていきます。妊活ヨガやウォーキングなどの運動は体力が無い方でも気軽に始めることが出来る運動ですので、慣れていない方が体力を付ける目的としておすすめ出来る種目です。


そしてストレスを溜めずに夜は早めに寝てきちんと疲れを取る事。この理想的なサイクルの生活習慣を行えていない方って意外に多いんですよ。


なかなか妊娠出来なくて、いつまで妊活を行えばいいのか・・。と不安になる気持ちが先行してしまう前に、まずは妊娠をしやすい体質にしておくことが妊活を成功させる上での1番の近道となるはずです。

諦めない事が大切



時期やタイミングを逃してしまい、いよいよ妊活を始めるのが30代後半や40代に差し掛かった頃だとしても諦める必要はありません。


大事な事は一度失敗しても、成功を信じて何度でもチャレンジする事。根性論的な感じもしますが、これは本当に大事なことで赤ちゃんを作ろうとしなければ当然授かることなく終わってしまいます。


今では自然妊娠で赤ちゃんが授からないと言う夫婦であったとしても、体外受精や顕微授精など多くの治療法があり、これらの治療法のおかげで赤ちゃんを授かる事が出来たと言う方もたくさんいます。


思うような結果が伴って来ないと、「一生授かる事が出来ないのではないか・・」と不安で胸が潰されそうになることもあります。


そんな時は夫婦でともに助け合い、お互いに妊娠をすると言うゴールへ向けて諦めず少しでも歩を進めることが求められるでしょう。


人生は一度キリ。あなたの妊活が成功する事を祈っています。