頑張って妊活に取り組んできたんだけど、ずーーっと妊娠出来なくて何でだろうと頭を抱えている。

不妊治療をしてみたけど、なかなか思うように行かなくて妊活をあきらめたと言う方もいらっしゃるようです。

中には数年に渡り、クロミッドや人工授精などの不妊治療に取り組んできたにも関わらず、検査で陽性になる事のを見たことがないという方も。

また、「何歳で妊活を諦めるのか?」と言う質問に対し、ネットなどの反応を見ると35歳や40歳などの高齢出産に分類される年齢から諦める事を考えると言う意見も多いです。

私が思うのは、本当に妊活を諦めてもいいのか?という事。確かに何カ月も何年も妊活を行っているのに、陰性の状態がエンドレスで続くと心が折れてしまうのも無理はありません。

もしかしたら次の1回で陽性反応が出ると言う可能性だってあるじゃないですか。確かに可能性は低い事には間違いはないのですが、ずっと諦めずに頑張って来た事を無駄にはして欲しくないと思っています。

また、まだチャンスがある年齢であるにも関わらず、妊活を諦めたとします。そして数年後に本当に赤ちゃんが欲しくてたまらなくなった時に後悔しない覚悟はそこにはあるのでしょうか?

35歳を境に、卵子の数はどんどんと減って行きさらに妊娠をし辛い体質になって行きます。時間と言うのは残酷で、失われた時はどう悔やもうが二度と帰ってくる事はなく、永遠に刻み続けて行きます。

「妊活諦めた」と言う気持ちがあったとしても、もし心の片隅に「ほんとうは諦めたくなんかない。絶対に妊活を成功させて赤ちゃんを産むんだ」と言う気持ちがわずかながらでも残っているのであれば、希望を捨てずに最後まで走り続けてみてはいかがでしょうか。

妊娠出来ない原因は様々です。妊活に必要な栄養素の摂取量の割合が全体的に少ない事もありますし、ただ単にタイミングが悪いだけの事もあれば、なかなか妊娠出来ない事に対してのストレスが原因だったという事も考えられます。

高度治療をずっと行ってきたけど、諦めて治療を止めて間もなく妊娠したと言う女性もいらっしゃいます。

それとこれが1番大事な事なのですが、妊活をあきらめたいと感じているのはあなた1人だけではないという事。ネットを使えば不妊で悩んでいる方のコミュニティも見つかります。一人で抱え込まず、悩みを共有し合ったり周りにも相談をしながら絶対に乗り越えるんだと強い気持ちを持つことが大切です。

もし、栄養素が原因でなかなか授かる事が出来ないのであれば妊活専用のサプリメントが解決に導いてくれるかもしれません。妊活サプリには葉酸が多く含まれているのですが、きちんと摂取出来ている女性は少ないと言われています。もちろん、色んな栄養素を摂取する事が大切ですので、不足することなくバランス良く取り入れて行きたいですね。