ミスカミスカと呼ばれている植物を耳にした経験がある方はいらっしゃるでしょうか?


正直あまり聞いたことがないかと思われますし、日本ではあまり馴染みのない植物であると言えます。


このミスカミスカとは、遥か遠く南米ペルーのアンデス山脈で生息しているフウロソウ科のハーブの事を指します。


BABY葉酸~ママのめぐみ~にも配合をされている成分で、美容に嬉しい働きを持っているので女性には嬉しい成分なんですよ!


それでは、妊活サプリとしてミスカミスカが必要なのかどうかを詳しく掘り下げて行きたいと思います。


スポンサーリンク


ミスカミスカの語源は何?



一度聞いたらなかなか頭から離れられないリズム感を持つミスカミスカですが、どうしてこのような名前になったのでしょう?


この語源はケチュア語と呼ばれている、ペルー、コロンビア、エクアドルの1300万人民族が使用している「MISKA」が由来となっていて、現地の意味で「なかったことにする(食べても血糖値が上がらない)」と言う意味が込められているのだそうですよ!

ミスカミスカはどんな効果があるの?


美容効果



女性の肌を若々しく保つこととして知られている、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが知られていますよね。


出来る限り保っておきたいのですが、どうしても歳を重ねたり日中仕事などで外に出ると紫外線を浴びる機会が多くなってしまいます。


そうなると分解をされてしまい、女性の天敵である肌のたるみやシワなどが生じてしまうんですが、ミスカミスカには保護作用があり肌の潤いに役立ちます。

アンチエイジングに



残念ながら、美は年齢には勝てません。どれだけ美意識を高く保とうとしていても、時間には逆らう事が出来ないのが現実です。


老化の原因に直結すると言われている、「糖化」と「酸化」を防がない限りは、機能低下をもたらしてしまいます。


ミスカミスカには、これらの糖化や酸化を防ぐために有効な作用がある事が確認されていますので、アンチエイジング効果を期待する事が出来ると言う訳です。

腸内環境を整える



妊活中にはホルモンバランスの関係で便秘にかかりやすくなりますが、これは黄体ホルモンの働きにより、腸の動きを鈍らせてしまう事が原因なんです。


便秘などにより便が上手く体外へと排出されなければ、肌荒れなど美容にも影響をもたらしてしまうのが特徴です。


サプリメントなどに使用されているミスカミスカには、腸内環境を促進してくれる効果により体質改善⇒美や免疫力を高めるために役立ちます。


関連記事
妊活中の便秘の原因と対処法

ミスカミスカは妊活に必要?結論まとめ



ミスカミスカの作用はこれだけでなく、その他にも肥満防止やダイエットなどの効果を見込む事が出来ます。


ただ、色々ミスカミスカの効果を調べてみたのですが、妊娠に直接関与する成分や効果などを見つける事は出来ませんでした。


結論から言えば、ミスカミスカは直接的には妊活に必ずしも必要ではない成分ですが、妊活中や妊娠中、さらには出産後も綺麗なママさんでいたい方向けの成分となっています。


baby葉酸のページへ戻る