yasukaku2s


妊活サプリであるmakanaに含まれている成分の1つである金時しょうが。


普通のしょうがは聞いたことあるけど、金時しょうがは聞いた事ないなーって方は多いのではないでしょうか?


金時と言うと、どちらかと言えば小豆やかき氷に乗せるシロップのイメージが強いですが、妊活サプリの金時しょうがはどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?


スポンサーリンク


金時しょうがとは?



たった一言で普通のしょうがと金時しょうがの違いを説明するのであれば、しょうがは黄色っぽい色をしていますが、金時しょうがはやんわり赤みがかった色をしているのが特徴です。

↓普通のしょうが



pr00077



↓金時しょうが

yasukaku2s



日本人が食べやすいようにと品種改良をされたしょうがで、サイズは若干小さめになっているようですね。


見た目は赤い色をしていますが、その断面図は濃い黄色となっていまして、この色が濃ければ濃いほど健康を促進してくれる効果を期待する事が出来るんです。


一般的に言われているのが、普通のしょうがよりもジンゲロールと呼ばれる身体を活性化させてくれる成分が多く含まれており、およそ4倍もの差が生じるほど。


それだけではなく、ガラノラクトンと呼ばれている、気持ちを穏やかに変換させてくれる成分も通常のしょうがよりも多く含まれているんですよ!


それでは、このジンゲロールがどのような効果を私たちにもたらしてくれるのか、詳しく見て行こうと思います。

ジンゲロールはどんな働きがあるの?



恐らく普通に生活をしていたら、ジンゲロールなんて言葉は滅多に聞く機会はないのではないでしょうか。


それもそのはず、何とジンゲロールはしょうが独自の成分であり、他の野菜や果物には含まれていないのですから。


具体的に分かりやすい例を挙げますと、しょうがを食べた時にピリッと辛い刺激を感じた事はありませんか?あの刺激こそ、ジンゲロールによる作用が働いているために起こるものなのです。


生でかじると辛くて食べにくいですが、加熱や乾燥などにより調理をする事で、ジンゲロンやショウガオールに変換され美味しく食べることが可能になります。


実際にこのジンゲロールを体に取り入れるとどうなるのか?という事なのですが、まず第一にダイエット効果が挙げられます。


血液の流れを良くしてくれる作用がありますので、身体の巡り(代謝)を良くし、消費エネルギーを促進してくれる事に一役買ってくれると言う訳ですね。


女性の皆さんなら経験あるかと思うのですが、なかなかダイエットが上手く行かないなーって時って、冷えを感じて血液の流れが悪くなっている事が多いんです。


そういう面も踏まえるとしょうがはダイエットの時にも効果的であるのかもしれませんね。


そして、このジンゲロールが妊活サプリとして使用されている1番の理由は、冷えを改善してくれるためです。


妊活において身体が冷えてしまう事は好ましい状態であるとは言えず、なかなか妊娠する事が出来ないいわゆる不妊の原因にも繋がりかねません。


通常、血液の状態はスムーズに流れている事が好ましいのですが、この流れを滞らせてしまうのは、プロスタグランジンと言う物質が原因ではないのかとされています。


この厄介なプロスタグランジンが血管を収縮させてしまうために、血行不良などで冷えを引き起こしてしまうのですが、ジンゲロールが持つ効果の1つとして、プロスタグランジンの働きを抑制すると言うものがあります。


そのおかげで血流が改善され、冷えから逃れられると言う訳ですね。妊活サプリのmakanaに金時しょうがが含まれているのは以上の理由が考えられます。


makanaの詳しい情報はコチラ!