coconut


皆さまはココナッツを聞いたことがありますでしょうか?


いわゆるヤシの木(中でもココヤシ)から作られるココナッツは、ビタミンB1やカリウムなどの栄養素だけでなく妊活女性にも嬉しい葉酸をたっぷりと含んでいる食材としても有名です。


妊活サプリの1つである、BABY葉酸ママのめぐみには美容・健康成分としてもメディアから注目を集めているココナッツを配合していますが、どのような効果があるのかについて検証をして行こうと思います。


スポンサーリンク

ココナッツとは?



日本ではあまり馴染みの薄いココナッツ。知ってる方も多いと思いますが、実は日本では栽培をして実を取る事は出来ないんですよ。


ヤシの木自体は植えられているのをよく見かける事はあるのですが、実を付けるタイプのココヤシはほとんど植えられていないのが現状です。


ハワイや大西洋などの熱帯地域で栽培されているココナッツは、殻がとても硬く守られるようにして大きな種子が中に入っているのが特徴の果実となっています。


食用となる部分は、周縁部のこりっとした固形胚乳でしたり、中心に存在している液状胚乳をココナッツジュースやココナッツオイルとして加工されています。


味わいとしては程よい甘さで、スポーツドリンクを薄めたような感覚と言う評判が多く噂されているようです。


以上、ココナッツについての豆知識でした!

ココナッツが妊活に良いとされているワケ!



それでは、BABY葉酸ママのめぐみに配合されている成分であるココナッツが、妊活を行う女性にもたらしてくれる効果について見て行きます。


ココナッツには中鎖脂肪酸と呼ばれている、普通の油に比べて胃や腸に残ることなくおよそ5倍の吸収力でサッと吸収や消化をしてくれる天然成分です。


この中鎖脂肪酸が持つ素早い吸収と言う特徴のおかげもあり、一般的な油よりも皮下脂肪や内臓脂肪などが吸着してしまう肥満の原因を極力抑えてくれますので、ダイエットにも効果的と言われています。


妊活中において極度の肥満は、妊娠や出産を上手く行う事が出来ないなどの弊害をもたらしてしまう恐れもありますので、体脂肪を気にしている方はココナッツオイルなどもおすすめです。


さらに、腸に溜まりやすい保存料や甘味料などの成分を除去し、動きを活発にしてくれる効果もありますので、便秘で数日間溜め気味だという方にも嬉しいお知らせとなっているんです。


これだけ見るとココナッツは凄い健康に良い食品なのですが、妊活女性にとって1番嬉しい理由は含まれている「ラウリン酸」と呼ばれる成分に秘密がありました。

ココナッツのラウリン酸とは?



お腹の中で赤ちゃんを育てて行くときは、ママさんから胎盤を介して直接酸素や食事やサプリからの栄養素が送られていきます。


そしていよいよ出産をし、赤ちゃんを育てて行くときに重要になってくるのが母親の母乳ですが、どうして母乳で育てて行くのだと思いますか?


その答えは赤ちゃんの免疫力の弱さにあります。産まれた直後の赤ちゃんは、免疫力がとても低く病原菌に簡単に感染してしまうとも言われています。


母乳に含まれているラウリン酸は、免疫力に乏しい赤ちゃんの身体を支えて行くために必要な成分で、ココナッツにはこのラウリン酸が豊富です。


どうしても母乳が上げる事が出来ない場合、粉ミルクなどを赤ちゃんに飲ませていきますが、この粉ミルクにもラウリン酸が配合されており、まさに赤ちゃんはラウリン酸無しでは生きていく事が出来ないとも言い換える事が出来るでしょう。


BABY葉酸ママのめぐみの詳細ページへ!