35歳以上の方で、「妊活はまだ先でいいや」と決心が付かず先延ばしにしている場合もあるかと思います。仕事がなかなか落ち着かないなど理由は様々でしょう。


ですが、そうではなく何となくまだ時期ではないと判断しているようであれば、なるべく早い段階で妊活に取り掛かる事をおススメします。


その理由はやはり時間が経過してしまい徐々に歳を重ねていく事で、いざ赤ちゃんが欲しいと思い妊活に励んでみてもすぐには出来ない事がほとんどだからです。


スポンサーリンク



高齢出産が妊活にもたらす影響とは?のページでも解説をしているのですが、30代後半になるにつれ卵子も老化して行ってしまいます。妊活に取り組んだところで赤ちゃんが出来るとは限らないですし、場合によっては不妊治療が必要になってしまう事も。


そうなってしまいますと、不妊治療を経てから妊活に取り組まなければならず数年後にやっと赤ちゃんを授かったと言うケースもあります。


不妊治療をしても授かるとは限りませんので、出来るのであれば早い内から始めておく事が授かる上では1番大切な事となります。


それだけではなく、人生設計の問題もありますよね。自分は今◯◯才だから、子どもがこの歳になったらその頃の自分は◯◯歳と考えてみてはいかがでしょう。


こう考えてみる事で、妊活を遅らせる事は出来る限り避けたいと気づく方も多いと思います。


妊活はいつでも出来ると言う考えから抜け出し、もしかしたら明日の自分では妊娠できる状態ではないかもしれないと言う一種のプレッシャーをかける事も時には必要になってきます。


今はまだ仕事を頑張りたい・・と言う気持ちも分かります。ですが、出産をしたからと言って仕事をしてはいけないと言うルールはないですし、本人の努力次第で仕事と子育てとの両立を目指すことだって出来ると思いませんか?


仕事を現役でバリバリにこなしている時期こそ、体力や精神状態も安定している状態であり、まさしく妊活を行うのに適した時期であると言えます。


時間は待ってはくれません。妊活と言う行動を行わなければ赤ちゃんを授かるチャンスだってありません。本気で妊活に取り組みたいと言う気持ちがあれば、きっとお腹に赤ちゃんを授かることだって出来るはず。


もし、妊活に取り組んでいるんだけれど、なかなか授かる気配がないと言う場合であれば、妊活サプリメントなどを活用してみるのもいいかもしれませんね。