35歳以上の女性のいわゆる高齢出産は、妊活において何らかの悪い影響をもたらしてしまうのでしょうか?


いえ、30代以上であったとしても、実際のところ20代の女性と大差なく妊活や出産を行う事が出来ているのが実情です。


ですが、歳を取る事で体の機能は大きく変わってくる場合もあります。その代表的な例として挙げられるのが卵子です。


この卵子を作り出す元となっているのは原始卵胞と呼ばれるものですが、この原始卵胞は生まれた時から女性の体に備わっています。


そのため、歳を重ねて行くごとに徐々に老化していく事が大きな特徴になります。30代からの妊活が難しいと言われる理由はここにあり、特に30代後半以降になりますと妊娠する事自体が厳しくなってしまうんです。


仮に妊娠をしたとしても、流産を引き起こしやすくなるほか染色体異常としてダウン症候群の子どもが産まれやすくなることもあります。


とは言え、流産や染色体異常などは30代だからという訳ではなく、20代女性であったとしても起こる可能性はあります。あくまでも30代後半に妊活を行う事で、リスクが少しだけ上がると言う意味です。


リスクはそれだけではなく、妊娠をしお腹の中で赤ちゃんを育てて行くと言う事は大きな負担が母親の体にのしかかる事にも繋がります。特に、日々の生活の中でこれと言った運動をしていない女性の場合顕著に現れてしまうのが特徴です。


妊活を最後まで耐え抜くためにはそれに負けない体作りも妊活サプリを摂取する事と同様、とても重要な事となります。


ウォーキングを継続的に行う事が好ましいですが、あまり外に出たくないと感じるのであれば妊活中は自宅でヨガを行うのもいいですね。

年齢別にリスクの傾向をまとめてみました


30代の前半



30代の前半は高齢出産の定義には当てはまらず、20代女性と同じように妊活を行う事が出来ます。


年齢による妊娠・出産のリスクは低いですが、体力が低下している方は無理は禁物です。しっかりと栄養を摂り、適度な運動を心がけましょう。

30代の後半



35歳を境にして、一気に体力が落ち始めてしまうのがこの時期。


積極的に体力を付ける努力をする事が大切です。毎日少しでも運動するようにしましょう。


また、子宮筋腫などの妊娠に伴う合併症を抱えることが多くなります。ですが、不安に感じる必要はありません。


高齢出産と言う知識を持ち、毎日の生活に意識を高めていく事で安産として終える方が大半です。サプリメントから妊活に必要な栄養を摂る方も多いです。