妊活を本格的に行うために、サプリメントから葉酸を摂るなどをされている方もいらっしゃいますが、なかなか妊娠できないと言う悩みに直面する事もあります。


一般的には妊活に1年近く取り組んでいても思うような結果が出ないと言う場合には、不妊症ではないかと疑い病院に行くことが多いです。


ですが、30代の女性が妊活を行う場合であれば妊娠できないと感じたらなるべく早めに病院で診断を受けて貰う事をおすすめします。30代の妊活は時間との戦いでもありますので、早い内に原因を知る事が大切になってきます。


妊娠できないと言うケースにおいて、生理不順であったりとか生理痛が辛く感じると言う場合がございます。妊活に取り組んでいるのだから、多少の痛みは我慢しなければ・・と思わずに、通常では感じられない気になる症状が出始めたのであれば無理せずに病院に通いましょう。

不妊症の治療で行う事



なかなか妊娠が出来ないと言う場合に、病院へ行き不妊治療をしていきます。ただ、不妊になってしまう原因は1つではなく、あらゆる要素が複雑に絡まり合って不妊となってしまいます。


まずは、一般不妊治療を行いながらどうして妊娠をする事が出来ないのかと言う原因を探る所から始まります。


多くの場合、この一般不妊治療で妊娠が出来るようになるのですが、この治療法を継続していてもなかなか結果が出ない場合(2年近く妊娠できなかった場合)には、体外受精や胚移植などの高度不妊治療を行っていきます。


ただ、30代以降の女性であれば、体力的にもなるべく早い段階で妊娠をした方がいいですので、2年を待たずとも体外受精へと移行していく事もあります。

一般不妊治療


薬を用いた治療法



30代以降になると、卵子も徐々に老化して行ってしまいます。それが原因で卵子の成長が見られない、成長をしても排卵が出来ないなどの排卵障害になっている場合には、排卵誘発剤と言う薬を用いた治療が行われます。


主に、直接卵巣に働きかけるために注射で刺激をするやり方、飲み薬として脳の下垂体に働きかける事で卵巣が機能するようなやり方があります。


一般的には、飲み薬で様子を見ながら徐々に強度を上げて行き、この飲み薬で反応がないようであれば注射剤を用いて治療を行っていきます。

タイミング指導



超音波を用い卵胞の大きさを検査でチェックしたり、尿検査から尿中のホルモン値はどれくらいなのかを測定する事で、排卵日を予測する事が出来ます。この時に行われる治療法の事をタイミング指導と呼んでいます。


妊娠がなかなか出来ない理由の1つとして、排卵日とセックスのタイミングが合わないと言う事が挙げられます。


しっかりと体温などを測るなどをして、狙ったタイミングで妊活をしたと思っていても、実際にはずれている事もあるものです。


単にセックスのタイミングが悪いだけが原因であれば、このタイミング指導を行うだけであっさり妊娠できてしまう事もあります。

人工授精



この人工授精とは、あらかじめ夫から精子を採取しておき、特殊な器具を用いて直接子宮へと注入する事を指します。


この人工授精が行われるケースは、タイミング指導を徹底して行ったとしても妊娠が出来なかったり、精子が子宮内へと入りにくい状態(子宮頸管粘液不全など)の場合に行われます。


また、男性において精子の数が少ないことが原因で妊娠が出来ない場合などにも用いられる治療方法なのですが、人工授精を行ったからと言って必ずしも妊娠が出来ると言う訳ではなく、確率的には良くても20%程とそれほど期待をする事は出来ません。

高度不妊治療



上記の一般不妊治療をある程度の期間実践しても、効果が現れない場合はこちらの高度不妊治療へと移っていきます。高度不妊治療として行われるのが「体外受精」です。


女性の卵巣から卵子を取り出し、採取をした夫の精子を特殊な器具を使い受精をさせる方法です。


男性側に精管通貨障害などの重度の不妊要因がある場合や、卵管が詰まってしまった場合などに用いられる治療法になります。

性交障害で妊娠できない場合も



男女とも何らかの失敗経験などを過去に体験したことが原因で性交障害となってしまう事もあります。


女性の場合ですと、膣が狭かったり、膣の粘膜が硬い状態であれば挿入時に痛みを感じる事もあります。男性であれば、なかなか勃起をする事が出来ない、いわゆるED障害や、勃起はするんだけれども射精に至る事が出来ない射精障害などが挙げられます。


また、これは男女ともに言える事なのですが、過去にセックスにおいて失敗経験がある、性について嫌な体験をしているなどの心理的な面も妊娠する事が出来ない原因の1つにあてはまります。


この場合はお互いにパートナー同士支え合っていく事が重要になります。失敗をしてもネガティブな雰囲気にはならず、「しょうがない、次は頑張ろうね」などと言った妊活に前向きな姿勢を見せて行くようにしましょう。


どうしてもパートナーに悩みを打ち明けられないと言う場合であれば、精神科などに通い心に植え付けられたトラウマを根本から解決して行く事も頭の片隅にいれておくと良いでしょう。