仕事が忙しかったりして妊活に取り組むのが遅くなってしまい35歳を超えてしまいますと、高齢出産となってしまいます。


30代を迎えた女性は体力的にも20代の女性よりもどうしても劣ってしまう部分もありますので、妊娠~出産において不安を抱いている方が多いようです。


今回はそんな不安の1つである流産について解説をしていきます。

スポンサーリンク

さて、この流産なのですが特に妊娠初期に最も起こりやすいとされており、およそ7回に1回15%ほどの確立で発生してしまいます。


この率は20代の女性がかかる確率であり、30代後半から40代に入ってきますと20%とやや確率は上がってしまいます。高齢出産が流産を起こしやすいと言うのは紛れもない事実になります。


ですが、流産は防ごうと思っても防げるものではありませんので、もし流産をしてしまった場合についてはあまり気を落とすことなく、体調が整ったら再度妊活に前向きに取り組んでいきましょう。


流産をしてしまった事については残念ですが、卵子や妊娠機能も老化し始めている30代後半で妊娠をしたという事は今後まだ妊娠するチャンスは残っているという事。自信を持つ事が大切です。

過去に流産経験がある場合は



妊娠はしたんだけれども、その時は流産で終わってしまった場合において今後再び流産が起きやすくなってしまうのでしょうか?


このケースは2つのパターンに分けられます。


まず、1つ目のパターンが妊娠初期に起きる流産です。妊娠初期は先ほど申し上げましたように、流産が起きる可能性が比較的高めで年齢に関係なく発生する事が多いです。


主な原因として、受精卵が異常をきたしている、胎盤形成が異常であると言う事が挙げられます。この場合は母体側に原因がある訳ではなく、自然淘汰と言う形で終わってしまいます。


要するに以前妊娠初期に流産をしてしまったからと言って、次の妊活時にも流産をしやすくなるかと言われれば違うと言う答えになります。


妊娠初期の流産に対し、妊娠中期以降にも流産が起きることがあります。


こちらの場合も原因は1つではなく、あらゆる要素が複雑に絡み合って発生するのですが、もしも母体側に原因があるのであれば気を付けなければなりません。


母体側の原因で、特に注意をしなければいけないのが子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)です。これは、子宮の入り口である頸管と呼ばれる部分の筋肉が弱まってしまった結果、流産を引き起こしてしまうと言う物です。


もしも子宮頸管無力症である事が判明した場合は、子宮頸管縫縮術を行う事で対策を取る事が可能です。子宮頸管を糸で補強して上げることで、筋肉が弱まっていたとしても何とか持ちこたえることが出来ます。


手術そのものに関して言えば簡単なのですが、安静にしておく&しばらく様子を見るために数日間入院をしなければなりません。


手術をし、糸を取り除く時期はおよそ妊娠36週に入った頃であり、分娩が発生するのを待つ状態になるのが一般的です。