ashimomi


体にはあらゆる所にツボがあり、そこを刺激する事で身体によい効果をもたらしてくれます。


特に血行と関連している場合が多く、冷えを感じている方にとってツボを刺激するだけで解消されると言ったケースもあるようです。


妊活に取り組む女性にとって冷えは解消したい問題の1つですから、正しくツボを刺激して冷え知らずな体質にしていきたいですね!


今回の記事では、妊活中に特に意識をしたいツボと、効果的な刺激の方法について掘り下げて行こうと思います。


スポンサーリンク


体におけるツボの部位



体にはあらゆるツボが存在しますが、今回は特に妊活を行う方に重要なツボをご紹介します!


疲れが溜まっている、楽にさせたいと言う方は是非とも実践をしてみて下さいね。

風池(ふうち)



襟足の付け根の部分に位置するツボの事を風池(ふうち)と言います。


この部分に刺激を与える事で、頭痛や微熱を感じるなどの風邪の症状を緩和する事が出来ます。


体調を崩す事は、日々の仕事や家事にも影響をもたらしてしまいますので、極力抑えておきたいものです。


体の免疫力にも悪影響をもたしてしまいますので、熱っぽさを感じる場合はここのツボを抑えておきましょう!





関連記事
妊娠中に風邪っぽい症状が?赤ちゃんにどんな影響があるの?

肩井(けんせい)



乳首からそのまま上方向へ移動し、手などで指圧をした際にギューっと刺激を感じる部位を肩井(けんせい)と言います。


このツボに適度な刺激を与えて上げる事で、デスクワークをされる方に多く発症すると言われている首や肩の凝りに効果的です。


頭と胴体を繋ぐための重要な場所でもありますから、血流の改善も見込まれ全身の血行を良くする働きもあります。


特に、血液の巡りが悪く冷えや低体温を感じる場合には、妊娠しやすい体質とは言えませんので、体を温めることがまず大切になります。


デスクワーク中心の仕事をされている方や、気が付いたら猫背になっているようなタイプの方はここのツボを刺激していきましょう。


スポンサーリンク

[/sp]

腰陽関(こしようかん)



尾てい骨のやや上に位置するツボの事を腰陽関と言います。


座り方が悪い、立った状態でどちらかの脚に体重をかけることが多いなど、姿勢が悪い生活を長年繰り返す事で軸となる骨盤は徐々に歪んでいきます。


腰が歪んでしまう事で全身のバランスも乱れてしまいますから、腰痛を始めとした体のコリに悩まされるようになってしまいますので注意が必要です。


腰陽関を刺激して上げる事で、胃腸の調子が崩れてしまった時に起こる消化不良や、女性特有の症状などにも効果的です。


骨盤の歪みを改善するのは難しいですが、痛みを感じる場合はここのツボを刺激してみましょう!




関元(かんげん)



おへそよりやや下に位置しているいわゆる気力が集まりやすいと言われている、丹田にあるツボの事を関元(かんげん)と言います。


お腹が冷えてしまう事で消化不良を起こしたり、血行が悪くなってしまう事が多いのですが、関元に刺激を加えて上げる事で下腹部を温めてくれます。


女性特有の症状に効果があるとされており、またこの部分を温める事で情緒不安定による作用を緩和してくれる効果も期待できます。


特に妊娠中はホルモンバランスの変化などにより、ストレスを溜めこみやすい心理状態になる事もありますので、ここのツボの刺激はおすすめ!


関連記事
妊活中に辛いノイローゼに。克服するために必要な事は?




神門(しんもん)



手首よりやや下の小指側に位置する神門(しんもん)は、乱れがちな精神状態を整えてくれます。


妊活中はストレスを感じやすく、疲れているのになかなか眠る事が出来ないと言う症状にも悩まされる事があります。


人は眠っている間に疲れを回復させますし、母親の疲れは赤ちゃんにも引き継がれてしまいますので、充実した睡眠を取る事はとても重要です。


また、便秘にも効果がありますので、元気で快調な毎日を過ごしていきたい方にもこの神門の刺激はおすすめ出来ます。


関連記事
妊活中には便秘にかかりやすい?スッキリさせるために行いたい事!

妊娠中の女性はツボ押しNG?



体のツボの中でも特に足の裏は密集しており、あらゆる器官とリンクしています。指や専用の器具を使う事で手軽に刺激できるのも魅力の1つですよね。


どこか体の不調を感じる時に、自分で痛い所をマッサージしたりツボを刺激したりすることがありますが、妊婦さんにとって足裏のツボ押しは部分的にはNGとされているようです。


とは言え、具体的になぜ禁忌とされているのかについての詳しい情報は無く、ツボ押しをした後にたまたま流産になってしまったなど、偶然が重なってこのような情報が流れているみたいですね。


妊活中でまだ赤ちゃんをお腹に授かっていないのであれば問題ありませんが、妊娠中、特に安定前期には自分でツボを刺激せずに、国家資格を持った専門家に治療もしくは指導をしてもらいましょう。


治療を受ける際にも何も伝えないのではなく、自分が妊婦であるという事を伝えると作業がスムーズに行えますよ。





こちらの動画でも解説をされていますが、足に溜まってしまったむくみを改善させるためにさする程度であれば問題はありません。


特に妊娠中期以降は足がむくみやすい状態となっており辛く感じると思いますので、適度に刺激をしてリンパの流れを改善させてみましょう。


ツボに対してはマッサージだけでなく、お灸を据えてみるのも効果的ですよ!ただし、妊活中の方のみ実践して下さいね。妊娠をしている方がお灸を据えるのは好ましくないとされています。


ですが、どうしても不安に感じるようであれば自己判断はせず、最寄りの産婦人科や妊婦さん専門の整体に通う事をおすすめしています。


関連記事
妊娠中のむくみはなぜ起こるの?原因と対処法はこれ!
妊活にお灸を据えると赤ちゃんを授かりやすい?効果的なやり方を解説!