妊婦さんはホルモンバランスの変化により、便秘に悩まされると言う方も少なくありません。さらに妊娠をする事でお腹の中で赤ちゃんを育てて行くため、腸や内臓も圧迫されていきます。


まさに便秘になりやすい要素がたっぷりなのですが、妊婦さんは便秘薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか?


赤ちゃんの事を心配して、薬を飲めないと言う方もいらっしゃると思いますので解説をして行きます。


関連記事
妊活中には便秘にかかりやすい?スッキリさせるために行いたい事!


スポンサーリンク


便秘薬を飲む事は問題ありません



一般的に便秘を予防するためには、食物繊維を多く含む食べものを摂ったり、適度な水分の補給や運動などが必要になってきます。


生活習慣が乱れがちな方は、改善に努めることで良くなっていく場合が多いですがどうしても改善されない場合もあります。


どうしても便秘が治ることなく、お腹が張るなどの症状が辛く感じる場合はためらうことなく受診をする事をおすすめします。病院で処方される便秘薬は、子宮を収縮させる心配はありませんので安心して服用する事が出来ます。


便秘を我慢し、便を溜めこんでしまう事で症状が悪化し痛みなどが生じてしまう可能性もありますので注意が必要。


お腹の赤ちゃんを思って、どうしても薬は避けなければと言う気持ちが働くのは分かりますが、ここ最近スッキリしないなーという方はまずは担当医に相談してみると良いでしょう。


長い間便秘を放置しておくことで、場合によっては摘便と呼ばれる手を使って便をかき出す手法を取る事も考えられます。早め早めの対策が必要ですね。


市販薬は避けるようにして下さい



医師から処方された便秘薬に怯える心配はないのですが、一般的に売られている市販の便秘薬には注意をしてください。


市販の便秘薬は妊婦さん向けに作られている商品が少なく、特にビサコジルやセンノサイドなどが含まれている便秘薬は妊活女性には向いていません。


これらの成分は、排便を促すために大腸を刺激するものがほとんど。同時に子宮収縮がもたらされてしまいますので、流産や早産のリスクが高くなってしまう事もあります。


中には、ミルマグLXなどの妊婦さんが使っても大丈夫な酸化マグネシウム主体の便秘薬もありますが、やはり個人の勝手な判断で市販の便秘薬を信用してしまうのは危険です。


理想的なのは産婦人科で適切な便秘薬を処方してもらう事ですが、旅行先などすぐに通える状態でなくやむを得ず市販の便秘薬を服用する場合には薬剤師などにしっかり相談をして許可が下りてから使用するようにして下さいね。