魚介類を好んで食べると言う方もいらっしゃることでしょう。栄養豊富でタンパク質にも優れており、いつの時期にも美味しく食べることが出来ます。


こんな事を聞いたことはありませんか?妊活中には水銀を含んでいる可能性があるから、魚はあまり食べない方が良いよと言った事を。


確かに魚介類には微量の水銀が含まれているのも事実です。この水銀は妊娠中の女性にどのような影響をもたらしてしまうのでしょうか?また、赤ちゃんに害は発生してしまうのでしょうか?


スポンサーリンク


適量を食べれば問題ありません



魚介類には微量の水銀が含まれている場合があります。これは、食物連鎖の過程を通じて徐々に水銀の濃度が濃くなっていくからです。


特に、きんめだい、めかじき、クロマグロなどは水銀濃度が濃い魚として知られています。これらの種類の近海魚を大量に摂取してしまう事で、水銀が胎児の発育を遅らせてしまうなどの影響が心配されています。


とは言え、結局のところたくさん食べ過ぎなければ影響はほとんどありませんのでご安心ください。


摂取量の目安としては、妊活を行っている間は1週間あたり80gを目安にして行くと良いでしょう。


これぐらいの量をきちんと守っていれば、お腹の中ですくすくと育っている赤ちゃんには影響はありませんし、上記の魚以外であれば含まれている水銀が赤ちゃんに影響を及ぼすという事もありませんのでご安心ください。


きちんと食べていい魚、出来る限り食べない方が良い魚を把握しておくことが大切です。確実に原因を排除するのであれば、妊娠中だけは魚を食べないと言う選択肢もありますが、魚が元々好きだったと言う方であれば、医師から適切な指導を受けることが大切です。


お寿司などを食べに行かれる機会もあるかと思うのですが、しっかりとネタを選んで食べるようにしましょう。