妊娠は何も成人していなければしていない訳ではありません。


今では10代から妊活に取り組み始め、妊娠・出産をされる方も非常に多くなってきています。


若いママさんが増えている中、10代で妊娠をする事による注意点などに触れて行こうかなと思います。


スポンサーリンク


10代での妊娠でかかりやすい病気とは?



一般的には10代であろうと20代であろうとそれほど大差はないと言われています。


ただ、10代ママさんの場合妊娠高血圧症候群にかかる確率がほんの少しだけ高くなっている傾向にあるようです。


具体的な原因は分かってはいないのですが、極度のダイエットや食生活の乱れなどにより、栄養がきちんと摂れていない事や妊婦健診を定期的に受けていないからではないかと推測をされています。


鉄分不足になる方も多く、貧血で倒れてしまうと言う方もちらほら。妊活中は妊婦さんだけでなく赤ちゃんにも良質な酸素や栄養素を届けてあげるためにも食事やサプリメントからしっかりと栄養を摂るようにしましょう。


関連記事
妊娠高血圧症候群を治したい!原因や症状、予防策を詳しく!
10代の女性におすすめな妊活サプリメント

ジャンクフードは控えめに!



当然ながら脂っこいジャンクフードなどには塩分が多く含まれているため、妊活中には出来る限り控えておいた方が良いでしょう。


もしも料理が作れないのであれば、妊活を機に作れるレパートリーを増やしておくといいかもしれません。子どもが産まれて大きくなってからも満足出来る食事を作って上げることが出来ますよ!


出来る限り主菜、副菜を取り入れることで、自ずとバランスのよい料理が仕上がります。まずは何をしたらいいのか分からない方であれば料理本を参考にしてもいいかもしれませんね。