s_gahag-0035340571-1

妊活サプリ総合評価ランキング!

それでは、これまでの条件を満たした妊活サプリのおすすめランキングをご紹介して行こうと思います!評価基準は、含まれている成分やコストパフォーマンスに優れているか、さらにはつわりの時にも安心して飲む事が出来るのか、知名度や人気などから総合的に判断をして順位付けをしました。


もし、お気に入りのサプリメントが見つかり、購入を今後検討されるようであれば各詳細ページをお気に入り登録しておくといつでも購入出来ますので便利ですよ!



      1. BABY葉酸~ママのめぐみ~

        fv-1

        評価 5.0
        価格(定期コース):
        初回、2回目以降4,980円
        容量:
        42g(350mg×4粒×30包)
        株式会社美彩のBABY葉酸~ママのめぐみ~。妊活に必要な葉酸はもちろんのこと、ダイレクトに体内へと届くモノグルタミン酸型の葉酸を使用!亜鉛や鉄、ミネラルだけでなく、美容成分のプラセンタやミスカミスカも含まれており、ママの美容までしっかりケア出来る妊活サプリとなっています。

        ▼▼当サイト管理人も愛用しています!▼▼

        ⇒BABY葉酸ママのめぐみのレビューページへ!


    1. ベルタ葉酸サプリ

      ベルタ葉酸サプリ

      評価 5.0
      価格(定期コース):
      初回、2回目以降共に3,980円
      容量:
      30日分、120粒
      ベルタ葉酸サプリは、モノグルタミン酸型の葉酸を酵母を含有させることで体内に長く葉酸を滞在させる技術を開発。
      葉酸だけでなく、鉄分やカルシウムなどの妊活に必要な成分を、自然の野菜から補う事が出来ますので、身体に優しいのも特徴です。
      楽天などの大手通販サイトでも葉酸サプリランキングで1位を取るなど、人気を集めている妊活サプリです!

    1. makana(マカナ)

      makana1

      評価 4.5
      価格(定期コース):
      初回3,980円、2回目以降5,980円
      容量:
      30日分、120粒
      株式会社ニューアクションのmakana(マカナ)。マカや葉酸を始めとした、妊活において必要とされている栄養素をギューっと詰め込んだオールインワンサプリです!マカナに使われているマカは高品質の日本産を使用しているため、品質にこだわる方にも安心です。単品購入の他にも、定期コース、ご夫婦協力定期コースがあり、女性だけでなく夫婦揃って妊活サプリを使っていきたいという方へ!


    1. スルーラ

      sulula1

      評価 4.5
      価格(定期コース):
      初回2,700円、2回目以降5,100円
      容量:
      90g(3g×30包)
      株式会社アプローズのスルーラ。妊活にとって欠かす事の出来ない葉酸を始め、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖や乳酸菌などが含まれています。お水などの飲み物に溶かして飲む粉末タイプのベリー味で、続けやすさに定評も!30日間の返金保証が付いているので、安心して購入される方が多いです。


    1. ママジュンビー

      mama1

      評価 4.5
      価格(定期コース):
      初回2,980円、2回目以降4,912円
      容量:
      30日分、120粒
      ジュンビー株式会社のママジュンビー。現代女性の抱えている深刻な栄養不足に着目したママジュンビーには、高吸収型のイソフラボンであるアグリマックスを始めとした、5つの厳選素材を使用!定期コースであれば、14日間の返金保証が付いている上に、1日あたり99円の低コストで続ける事が出来、妊活サプリの中でもお手頃価格な商品となっています。


  1. ママルナ

    mamaruna

    評価 4.0
    価格(定期コース):
    初回980円、2回目以降5,980円
    容量:
    300mg×120粒(30日分)
    株式会社きれいのママルナ。ママルナには、他の妊活サプリには含まれていない「和漢」の力に注目。万能薬としても知られている和漢を用いることで、健康的な本来のカラダへ。さらに、高麗人参+ヘスペリジンの力で吸収力も大幅にアップ!満足度も実に91%と、含まれている成分だけでなく人気の高い妊活サプリです。

    初回に980円と言う低価格、さらには120日間の返金保証が付いているため、気軽に始めることが可能です。

【運営者情報】
健康促進コーポレーション

【調査概要】
調査方法:妊活サプリ愛用者143人を対象にアンケートを実施。
有効回答者:男性0人、女性143人


鉄分が血液を作る作用があるならば、葉酸は赤血球を作ってくれる働きがあります。


血液の主成分である赤血球を作る時に欠かせないだけでなく、妊活を行いたい女性が是非とも摂っておきたい栄養素が葉酸になります。


葉酸が不足してしまうとどうなってしまうのか、またなぜ妊活を行う女性が葉酸が必要なのかを詳しく解説をしていきます。


>>妊活サプリおすすめランキングはこちらをクリック!<<

葉酸が不足してしまうと・・?
赤血球を形成する上で欠かす事の出来ない成分である葉酸。


この葉酸が不足してしまう事で赤血球を上手く作り出す事が出来なくなってしまいます。


そのため、悪性貧血(ビタミンB12が不足する事で引き起こされる貧血)になってしまい、体全体の酸素が少なくなってしまう事で頭痛や立ちくらみなどの症状が出てしまいます。

妊娠初期には特に大事!
赤血球を作り出すことだけが葉酸の役割ではなく、体内でタンパク質を合成する時にも使用されます。


特にお腹の中で赤ちゃんの体や器官を形成して行くときには欠かせない栄養素でして、ほぼ全ての妊婦さんが妊娠初期に摂っておかなければならない栄養素の1つです。


それだけでなく、妊活中や妊娠初期にこの葉酸をしっかりと取り入れておくことで、神経管閉鎖障害と呼ばれる赤ちゃんの先天性疾患の発症リスクを軽減するとも報告がされています。
葉酸が不足している妊婦さんが多い
ところが、この妊活を行う上で非常に大事な葉酸、1日の目安量を摂れている女性は少ないと言われています。


あらゆる世代の女性が1日で葉酸を250μgほどしか摂取出来ていないんです。妊活を行わない時期であれば、1日の目安量は240μgですのでそれほど気にする必要はありません。


ですが、妊活を取り組みたい!or妊婦にさんになりました!となれば話しは別です。1日に必要な葉酸は非妊娠時の2倍である、480μgを毎日摂取しなければいけないんです。


とは言え、葉酸が多く含まれている食材(レバー、ブロッコリー、アスパラ、キャベツなど)ばかり食べる訳にもいきませんよね。当然、その他の栄養素もバランス良く体に取り入れて上げる必要があります。


特に今の女性は食が細く、食事の中できちんと葉酸を摂れている方は少ないですので、何としてでも1日の目安である480μgに届かせてあげる必要があります。

 



そこで活用して行きたいのが妊活専用のサプリメント!良質な葉酸がきちんと含まれているサプリを摂る事で、不足しがちかつ、妊活において必要不可欠な葉酸を簡単に補う事が可能です。


本サイトでは、数ある妊活サプリの中から、本当に信頼できる5品をランキング形式でご紹介!


是非とも、妊活サプリを選ぶ上での参考して頂けたらと思います。


妊活サプリを選ぶためのポイント!



ninkatupoint

葉酸はしっかりと含まれてる?



妊活サプリを摂取して行く上で大切なのは、葉酸がちゃんと含まれているかです。


葉酸はとても大切な栄養素であるのに、国民健康・栄養調査結果によると、規定量である400μgを摂取出来ている女性はとても少ないと言われています。


通常、ホウレンソウなどの栄養満点な食材に含まれており、母親、そして生まれてくる赤ちゃんをサポートするために必要な成分なんです。


ちなみに本サイトで紹介しているサプリメントは、葉酸400μgを満たしている優良商品のみ掲載しています。

続けられそうな値段なの?



妊娠活動~妊娠中において妊活サプリを活用していく場合に重要なのは続けられるかどうか。


これから妊活を始めようと言う時期~出産後数カ月を見積もっておくのがおおよその目安となります。


妊活サプリと一言で表しても、各販売会社によっては値段に大きな差が出てくる場合がございます。


値段が高いほど効果があるの?と言われれば必ずしもそういう訳ではないですが、続けて行くことが出来そうな値段のサプリメントを選択するのもポイントです。


ちなみにほとんどのサプリメントが、単品で購入するよりも定期コースから注文した方が割引価格が適用されています。


妊活サプリは1か月分使って終わり!と言う訳ではなく、長く継続して行くことが見込まれますので定期コースからの注文がおススメです。

飲み続けられるかどうか



基本的には、妊活サプリは毎日使用して行くものになります。


そのため、安定して継続する事が出来るのかについても購入の際には検討しておくと良いでしょう。


特に妊娠中のつわりの症状として吐き気が現れることもあります。錠剤を飲むのが苦手だという方は、出来る限り粒が小さめな商品を選択するか、お水などに溶かして飲むタイプの妊活サプリがおススメです。


妊活サプリのQ&A

妊活サプリを使用するだけで妊娠する事は出来ますか?
いえ、妊活サプリは不妊治療などの薬とは違いますので、使用したからと言って必ずしも妊娠出来る訳ではありません。

妊活サプリに含まれている葉酸の効果は、妊娠しやすい体質にしてくれるのではなく、健康的な赤ちゃんを産むために重要な栄養素となっています。

一般的な女性の葉酸の摂取量は厚生労働省が推奨している量よりもかなり少ない場合がありますので、ご自身の食生活と見比べながら足りないようであれば補給する事をおすすめします。

前日に飲み忘れた場合は、翌日2回分飲んだ方が良いですか?
飲み忘れた場合、翌日に2日分飲む必要はありません。

葉酸はいわゆる「水溶性のビタミン」に分類されますので、一度に大量に摂取しても尿として排出されてしまいます。

また、葉酸には摂取制限量があり、20代女性は900μg、30代女性は1,000μgと定められており、それを超えてしまいますと葉酸過敏症となってしまう可能性もあります。

ですが、普通の食生活、適切な量のサプリメントの摂取をしていれば葉酸過敏症になる事はまずありません。

各販売店のサプリメントの1日の摂取量を守り、毎日コツコツと継続していく事が妊活を行っていく上では大切です。

妊活サプリには副作用はありますか?
医薬品ではありませんので、妊活サプリを使用しても副作用が出る事はありません。ですが、一度に大量摂取をしてしまう事による葉酸の摂り過ぎには注意してください。

含まれている成分などどうしても不安がある場合には、医師などに相談をする事をおすすめします。

いつから妊活サプリを摂り始めたらいいの?
厚生労働省によりますと、赤ちゃんをお腹に授かるおよそ1か月前から葉酸の摂取量を増やした方が良いと推奨しています。

どのタイミングから始めても問題はありませんが、妊活を本格的に取り組みたいと思った時に始められる方が多いです。

どのタイミングで摂取をしたらいいの?
妊活サプリはお薬ではありませんので、起床直後や夕飯後などの好きなタイミングでお飲みください。

毎日決まった時間に飲むようにする事で、飲み忘れなどを防ぐ事にも繋がります。

妊活サプリが女性におすすめされるのはなぜ?



あらゆる会社が、葉酸やマカを始めとした色んな成分を妊活サプリとして販売しているのはなぜなんでしょう?


本当のところを言うならば、妊活中にサプリメントを摂取したとしてもしなかったとしても赤ちゃんを授かる事は可能です。


ただし、お腹の中の赤ちゃんの器官の形成に必要な成分として「葉酸」が大きく関わってきています。


冒頭にもお伝えしましたが、現代の女性はこの葉酸の摂取量が少ない可能性が高く、妊活を本格的に行っていくのであれば食事や妊活サプリなどから良質な葉酸の摂取は欠かす事が出来ないんです。

葉酸について詳しく!



葉酸はいわゆる水に溶けやすいビタミン(水溶性ビタミン)に分類され、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸の別名があります。


1941年に、鉄分なども豊富に含んでいるほうれん草の葉から発見されたのが始まりで、レバーや緑黄色野菜、一部の果物に多く葉酸が含まれているんですよ。


尿として排出されますので、基本的に大量に摂取したとしても健康的には問題ありませんが、不足をしている場合には注意が必要になってきます。


欠乏症として現れる主な症状は、急にフラっとしてめまいや貧血を引き起こす、免疫機能や消化管に異常をきたしてしまう恐れなどが挙げられます。


特に妊娠をし、お腹の中で赤ちゃんを育てて行く場合や、出産後の授乳期などには非妊娠時よりも身体の中でより多くの葉酸が必要になるんですね。


ある調査によりますと、一般的に20~40代女性の1日の葉酸の摂取量は、およそ230~270μg程であると言う事が分かっています。


通常であれば、男性女性問わず240μgが推奨摂取量とされていますので、基準量はしっかりと補えているのですが、妊活や授乳を行う女性にとっては話しは別です。


妊活中であれば400μg、授乳期であれば340μg、さらに妊娠中であれば1日だけで480μgもの葉酸を取り入れなければいけません。


通常時の2倍を摂らなければいけませんから、いかに葉酸が妊活~授乳を行う女性にとって必要なのかが理解頂けると思います。


この480μgと言う数値は、妊活サプリの販売会社が商品を売るために作成された宣伝文句ではなく、実際に厚生労働省が推奨している数値となっております。


特にこの葉酸の摂取がおすすめされているのは、まだ妊娠をした事にすら気が付かない時期である第1週目からとされており、この時期以降に葉酸が欠乏する事はお腹の中の赤ちゃんに危険を及ぼす可能性がある事を肝に銘じておいてください。


葉酸の摂取量が極度に不足していると、無脳児として生まれてくるリスクが高まる他、神経管閉鎖障害として最悪の場合、お腹の中の赤ちゃんの産声を聞くことなく別れを告げてしまう事にも繋がりかねません。

神経管閉鎖障害とは?



神経管閉鎖障害とは、妊活を経てお腹に新たな命を授かった4~5週間後頃に赤ちゃんに起こるとされる先天性異常の事を言います。


この頃になると赤ちゃんは細胞分裂として徐々に色んな器官が形成されていくのですが、その中でも脳や脊髄などのいわゆる中枢神経系を司る神経管が塞がってしまい、上手に形成をする事が出来なくなってしまうんです。

二分脊椎とは?



通常、私たちが何か行動を起こそうとする時、脳から指令が出て初めてアクションを起こそうとします。


例えば、目の前にあるリンゴを手で掴むと言う動作を考えた場合、視覚としてリンゴを捉え感覚神経を経由し脳がそれを認知、その後脳からの指令で運動神経を介してリンゴを掴むと言う動作が行われるのが一般的です。


ところが、神経管の下部に影響が及んでしまった場合「二分脊椎」に分類され、神経が骨に覆われておらず途中で途絶えてしまっている状態となってしまい、特に下半身を中心に電気信号が行き渡らなくなってしまいます。


その結果、脚を自由自在に動かす事が出来ない歩行障害が残ったり、膀胱や直腸の機能障害をもたらしてしまうために排便や排尿を行うのが困難なものとなってしまうのです。

無脳症とは?



こちらは神経管の下部が塞がれてしまうものですが、それとは逆に神経管の上部が塞がれてしまった場合は、無脳症と呼ばれる脳を形成する事が出来ない病気にかかってしまいます。


二分脊椎とは違い、上肢や下肢などは形成されていくのですが、眼球の消失や口と鼻が繋がってしまっている口蓋裂、さらには脳が形成されずに成長をして行きます。


およそ1万人あたり6人の割合で発症する神経管閉鎖障害ですが、無脳症の場合は死産や流産になる可能性は極めて高いですし、無事に産まれてきたとしても大抵の場合間もなく命を落としてしまう事が多いです。

葉酸の摂取が予防の1つに繋がる



妊活~妊娠中(特に妊娠初期)に極度に葉酸の摂取量が不足していると、葉酸欠乏症になってしまい神経管閉鎖障害を起こす引き金となってしまいます。


厚生労働省も葉酸をきちんと摂取する事をおすすめしており、これは日本だからと言う訳でも無く世界でも共通認識として葉酸の重要性が見直され始めています。


一般的には妊娠をする1か月前から食事(野菜や果物)や妊活サプリなどから葉酸を摂取する事で、これらの発症リスクを7~8割ほど減少させることも分かってきています。


以下は厚生労働省の公式ホームページに記載されている内容となります。


↓厚生労働省引用ここから

諸外国や日本において、食事からの葉酸だけでなくサプリメントなどの栄養補助食品からも摂取するよう勧告されたことには理由があります。

葉酸は野菜や柑橘類・レバーなどに多く含まれており、小腸でモノグルタミン酸として吸収されます。

しかしながらこれら食品中の葉酸(dietary folate)の大部分はポリグルタミン酸型として存在し、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で様々な影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されています。

また水溶性ビタミンであるため調理損失も受けやすくなっています。これに対していわゆるサプリメントなどの栄養補助食品や葉酸添加食品に使用される葉酸(folic acid:プテロイルモノグルタミン酸)は通常の食品中の葉酸とは構造が異なっており、安定性及び生体利用率が高いことがわかっています。

葉酸と神経管閉鎖障害のリスク低減との関連を示した諸外国の大規模な疫学研究の結果は、この葉酸(folic acid)のサプリメントによるものがほとんどです。

↑引用ここまで


とは言え、神経管閉鎖障害が起こる原因は葉酸不足だけではなく妊娠糖尿病や喫煙などの周囲の環境、さらには遺伝など、妊活サプリを摂取していたとしても起こる時は起きてしまいます。


神経管閉鎖障害そのものは、エコー検査を用いる事で出生前から判断をする事は可能ですが、葉酸不足の物とそうでない物を検査の段階で判別する事は出来ないのが現状です。


ただ、食事やサプリメントから必要な分だけの葉酸を摂取する事は予防をする上ではとても大事な事です。


流産の可能性も高まり、産まれてきてからも治療の際にかかる金銭面や赤ちゃんへの身体的・精神的負担など、困難な道のりが待ち構えていますので、1日分に必要な葉酸はサプリなどからきちんと毎日摂る、太り過ぎないように体重コントロールをする、タバコを吸わない&吸っている人の近くに行かないなど、日常生活の中でも改善できる事は極力対策をしておくことが大切になってくるでしょう。


妊活サプリのランキングへ戻る

妊活サプリはどんな人におすすめ?



それでは次に、どんな人に妊活サプリがおすすめなのかを書いていこうと思います。

少食な方

まず、妊活サプリがおすすめされるのは食べたくてもそこまでご飯を食べられないような少食の方です。


先ほどからも書いているのですが、妊娠をする際には非妊娠時よりもたくさん栄養素を摂らないといけないので、少食であると葉酸の摂取量を確保する事が難しくなってしまいます。


特にお腹の赤ちゃんはあなたからしか栄養素を摂る事が出来ないんです。どれだけ身体や器官を形成して行くための栄養素が足りなくても、自分からも外から補給する事は出来ず、全ては母親であるあなたが摂った栄養素のみで育っていきます。


それに、妊婦さんが必要な栄養素って決して葉酸だけではありませんよね。当然、女性にとって大事な成分の鉄分でしたり、風邪を予防するためにビタミンなどの栄養も摂っていかなければいけないんです。


自分の分とお腹の赤ちゃんの分、きちんとあらゆる栄養素が摂れているのであれば問題はありませんが、もし少しでも栄養に不安を感じるようであれば妊活サプリから良質な栄養を確保してみる事をおすすめします。

妊娠出来ない方



妊娠をするためには、あらゆる条件が揃っている必要があるんですね。


例えば、きちんと血液循環がされていて代謝の良い体であるかとか、男性側に問題がある女性側に問題がある、年齢が若く健康な卵子がまだ残っているかなど複雑です。妊娠すると言うのは本当に奇跡なんです。


妊娠が出来ない原因の1つに、性行為後、受精はするんだけど着床までに至らないと言うケースが非常に多いんですが、これは葉酸を摂る事で防げる可能性があるのをご存知でしたか?


どうして受精をしても着床しないのか、それは何らかの原因によって細胞分裂が上手く行かないからなんです。そしてこの葉酸には、受精卵が細胞分裂をするのを手助けしてくれると言う効果を持つ唯一の栄養素。


それだけでなく、女性側の子宮内膜を健康にしてくれる作用もありますので、葉酸を摂ると摂らないとでは受精卵が着床出来る確率に大きな差が生まれてしまうと言う訳なんです。


どうしても妊娠が出来ないと言う方は、まずは葉酸をきちんと摂取出来ているかどうかを確認してみて下さい。そして、もし足りていないようであれば妊活サプリを使ってみるのも1つの方法です。

赤ちゃんに健康で産まれてきて欲しい方



先ほど出てきました、先天性の障害である神経管閉鎖障害は、妊婦さんが葉酸をしっかりと確保する事により発症する確率が抑えられるとされています。


症状が進行していまいますと、産まれてきた時からADHDや自閉症などになってしまう可能性が極めて高く、さらに酷い場合には脳が形成されないまま産まれてきてしまう無脳症になってしまう事も・・・。


このような神経管閉鎖障害になる確率は、およそ5,000人に3人と言う決して遠い存在の先天性の病気ではないと言う事を覚えておいてください。誰にでも起こり得る症状です。


そのため、少しでも日頃の葉酸の摂取量に不安を抱いているようであれば、少しでも基準量である480μgに届かせてあげる必要があるという訳ですね。食事から毎日摂れる方であれば妊活サプリは必要ないですが、食事の量が不安、少しでも先天性のリスクを減らしておきたいとお考えであれば、サプリメントの使用をおすすめします。


実は、私には12歳になる姪がいるのですが、彼女は生まれた時から自閉症でかなり苦しんでいると聞きます。人と上手くコミュニケーションを取る事が出来ないため、かなか心を開くことが出来る友人が作れずいつも孤独な日々を過ごしているんだそうです。


本人には悪気はないのですが、空気を読めない発言をして周りの人を傷つけてしまうと涙ながらに私に相談をしてくれました。


今では、精神科に通いながら治療していますので少しは症状は良くなってきてはいますが、まだまだ完全に治るには長い道のりになりそうです。


このようにADHDや自閉症になってしまうと、普通に人生を歩んでいくだけでも大きなハンデとなってしまう事もあります。先天性の障害を持ったまま産まれてきて子どもに悲しい思いをさせたくない、と言う事が理由で妊活サプリを購入される方も結構多いんですよ。

妊活サプリが向いていない方



逆に、妊活サプリが向いていないのはどんな方なのでしょうか?

食事だけで栄養が補えている方



1日3食の食事の中で、きちんと葉酸や鉄分などありとあらゆる栄養素を必要以上に摂れているのであれば妊活サプリは必要ありません。


あくまで妊活サプリは、「これを摂れば絶対に妊娠出来ますよ!」と言った商品ではなく、妊婦さんに必要な栄養素を補う事が出来るサプリメントですからね。


当然ですが、毎日たくさん食事を摂れているようであれば、わざわざそこにプラスして栄養を摂りいれて行く事はしなくても良い訳です。


ただし、妊娠中はより多くのエネルギーを摂りいれようとする働きが強まりますので、これまで痩せ体質だった方も太りやすくなってしまうと言うデメリットがあります。


少しでも、妊娠中であっても美しい体型をキープし続けたいと言う方は、食事の量を少し落とす代わりにその分だけ妊活サプリで不足しがちな栄養を補給すると言う方法もありますよ。

値段が高くて購入するのを躊躇う方



基本的には薬局やスーパーで買える鉄分のようなサプリメントは比較的安価でも手に入ります。安いのであれば1か月分で1,000円もかからない商品もありますよね。


ですが、妊活サプリはこれから妊活に取り組んでいきたい女性や妊婦さん、さらには授乳期に入った女性にとって重要な栄養素を1度に摂る事が出来るオールマイティな商品であるため、高価であるものが多いです。


先ほどの妊活サプリのランキングで比較して貰えれば分かるのですが、1番安く続けられるベルタ葉酸サプリでさえ、1か月で3,980円と一般的なサプリメントよりは値段がしてしまいます。


そのため、お金をかけていられないと言うようであれば無理をして妊活サプリを購入しなくても良いと思います。ただ、その分だけ葉酸や鉄分などの栄養素は不足しないように毎日の食事で心がけて下さいね。


妊活サプリを選ぶ際の基準!


モノグルタミン酸型の葉酸を!



妊活サプリとして販売されている商品の葉酸には、大きく分けて2種類の葉酸があります。


1つは天然葉酸と言われている「ポリグルタミン酸型の葉酸」で、もう1つが合成葉酸と言われている「モノグルタミン酸型の葉酸」になります。


一般的な考えですと、天然と言う言葉を見ると「体に良さそう!逆に合成は添加物とか含まれてそうで健康に悪いイメージ・・」と言う思考が働きがちですが、妊活サプリにおいてはこちらの天然物の葉酸はおすすめ出来ないんです。


結論から申し上げますと、妊活サプリを選ぶ基準の1つとして捉えて欲しいのが、天然葉酸ではなく合成葉酸を選ぶことを間違えないようにしてください。


どうして葉酸を摂取する際に、天然ではなく合成の方が良いのかについてこれから詳しく説明をして行きますね。


ここから妊活サプリを購入する上で大事な部分ですが、専門用語が出てくるなど少しだけややこしい内容となっていますので、休憩を挟みながら続きをご覧ください。

ポリグルタミン酸型の葉酸とは?



ポリグルタミン酸型の葉酸=天然葉酸は、その名の通り食物などから摂取をする事が出来る葉酸になります。


一般的にはこの天然葉酸(ポリグルタミン酸型)は体内に吸収された後に、小腸粘膜の酵素の働きにより、合成葉酸(モノグルタミン酸型)へと分解されていくんですね。


ただ、体内での吸収率は極めて低く、およそ50%ほどしか体内に届けられないと言われています。その理由は、この天然葉酸が持つ熱に弱く水に溶けやすい性質によるもの。


レバーやほうれん草など食事から頑張って葉酸を摂っていたとしても、調理の過程で熱や水が使われますから自分が思っている程葉酸の量は摂れていないのが現状なんです。


このような性質もあり、天然葉酸として、もしくは何の葉酸を使用しているのか判断が付かない妊活サプリの場合は注意をする必要があります。


先ほど申し上げました通り、体内での吸収率は50%以下となっておりますので、天然葉酸を400μg摂取しても実際に吸収出来る量はその半分以下だったりするからです。

モノグルタミン酸型の葉酸は厚生労働省も推奨!



その一方で、モノグルタミン酸型の葉酸は吸収率が高くおよそ85%が体内で利用されていきます。


ポリグルタミン酸型の葉酸とは違い、体内で分解するなどの過程を行わなくていい訳ですから吸収率も高いんです。


実際に厚生労働省も妊活を行う女性に対し、葉酸の摂取を勧めていますが、2種類の葉酸の内こちらのモノグルタミン酸型の葉酸を推奨しています。


ただし、このサプリメントとして使用されているモノグルタミン酸型の葉酸も、細かく分類されるとさらに2つの種類に分けられるという事を忘れないでください。


1つは食品由来の成分から開発技術を用いて抽出された「天然由来」のもの(天然葉酸ではありません)と、合成化学物質から抽出された「合成由来」の物があります。


合成化学物質から作られているサプリメントの中には、石油などの物質から合成的に生成しているものもあると言う事を頭の片隅にいれておいて下さい。


ただ、石油を使用しているからと言って即座に体に悪影響をもたらすと言う訳ではなく、石油を使用して作り出された最終的な栄養素が葉酸と言う形ですので物質的には同じなんです。


とは言え、石油を原材料としてモノグルタミン酸型の葉酸を作り出していたとしても、わざわざそれを販売ページに記載する業者さんっていないですもんね・・・。


どちらにしても、妊活サプリは毎日摂取して行くものですから、食品由来のモノグルタミン酸型の葉酸を選んでいきたいところです。


ベルタ葉酸サプリは、モノグルタミン酸型の葉酸でありながら、天然由来の成分を使用している妊活サプリです。


妊婦さんやお腹の赤ちゃんにも優しく、愛用者からの評判も良いと言う事もあり、当妊活サプリランキングサイトではベルタ葉酸サプリをおすすめしています。

安全性に優れているか



妊活を行っている皆さんは、毎日の食事で何を取り入れるのかについて細心の注意を払っていると思います。


野菜を買うにしても中国産ではないか、ちゃんと安全な場所で栽培されているのかなどを気にしますよね。


当然サプリメントにおいても、毎日口にするものですから安全性が確保されているかそうでないかは重要になります。


特に妊活サプリは妊活中ももちろんそうですが、妊娠をして赤ちゃんを授かった後も葉酸は必須ですので、活用して行く場合がほとんどになります。


お腹の赤ちゃんは母親の胎盤から酸素や栄養素を受け取りますから、どんな食事やサプリメントを取り入れて行くのかによって状態も大きく変わってくるんですね。


当然ながら、妊娠をしている方が積極的にタバコやお酒を飲むとは考えづらいですが、想定外の無意識に取りこまれる有害物質には気を付けなければなりません。


その1つがサプリメントであると言う訳ですね。健康に良いから、妊娠がしたいからと言った理由で始めたサプリメントが身体にとって毒だったと言う場合も考えられるんです。

添加物は含まれていない?



まずチェックすべきは添加物が含まれていないかです。


サプリメントを製造する際にはその過程で、やむを得ず添加物を使用する場合もあります。


大抵の場合は心配をする必要はないのですが、中には組み合わせによっては極力摂るべきではない添加物が多く含まれている商品もあります。


また、たくさん成分が含まれているように見せかけるために、わざと1粒あたりを大きくし、実は増量剤などの添加物でカサを増しているサプリメントも存在すると言われています。


サプリメントを製造する際に粉を固めるなどに使用する程度の添加物であれば問題はありませんが、なるべく添加物が少ないor含まれていない妊活サプリを摂るに越したことはありません。


妊婦さん自身の体、またお腹の赤ちゃんまで考えるのであれば、妊活サプリを購入する際には無添加のものを選ぶことをおすすめします。

放射能検査はOK?



特に市販やネット上に出回っているサプリメントは怪しい種類も数多く存在し、製造されている環境はおろか、何の成分が使用されているのかよく分からないものまであります。


サプリメントなどを購入する際に販売ページを見るかと思うのですが、確認すべきところは※GMPを取得している工場で製造されているのかをチェックしておくようにしましょう。


妊娠中や授乳中にも愛用して行く妊活サプリですから、放射能検査などをきちんとクリアしていることが求められます。


※GMPとは・・・厚生労働省が定めた、医薬品等の品質管理基準の事

妊活サプリの添加物、放射能検査詳細



 

ベルタ葉酸サプリ BABY葉酸ママのめぐみ
・無添加
・放射能試験、残留農薬試験を実施済み
・GMP認定工場での製造

・無添加
・放射能度検査、残留農薬試験を実施済み
・GMP認定工場での製造

 

makana スルーラ
・無添加についての記載無し
・放射能検査を実施済み
・GMP認定工場での製造

・人工着色料、人工甘味料、保存料、
酸化防止剤、膨張剤、防カビ剤、
光沢剤は一切使用せず。
・放射性セシウム検査実施済み
・GMP認定工場での製造

 

ママジュンビー ママルナ
・無添加
・放射能検査を実施済み
・GMP認定工場での製造

・無添加についての記載なし
・GMP認定工場での製造

妊活における知っておきたい情報コラム!

妊活に取り組んでいくために妊活サプリメントなどで栄養を補給して行く他、色々と意識をしなければいけない事は山ほどあります。

これらを実践しなければ赤ちゃんを授かる事は出来ない、と言う訳ではないのですが、どれもこれも妊活女性にとって重要な情報をまとめてみました!

これから本格的に取り組んでいく前に、是非とも妊活の参考にしてみて下さいね。

妊活における栄養素はどんな働きがある?

私たちは普段生きて行くために食事をしていますが、それぞれの栄養素がどんな役割をもたらしているのか詳しく知っていますか?

例えば、炭水化物はエネルギー源として頭を働かせたり、体を動かすために必要な栄養素ですし、ビタミンは風邪を引きにくくするなど、体調面を良好に保つために必要です。

どれか1つの栄養だけを摂っていれば良いと言う訳ではなく、妊活をする女性はあらゆる栄養素をバランス良く摂取して行く事で授かり力をグン!と高めてくれます。

逆を言えば、体にとって必要な栄養素が何か1つでも欠けていれば、体は上手く機能する事が難しくなってしまい、なかなか授からないと言う原因にも繋がってしまうんです。

以下のページに、妊活中に各栄養素がどのような働きをもたらしてくれるのかをまとめてみましたので、全体的に不足している栄養はどんな効果があるのかを知っておく事で注意力が増すのではないでしょうか。

妊活中に必要な栄養素一覧!妊娠前よりもたくさん摂りましょう!